おでん

写真:おでん

うずら卵水煮を使うことで、かんたんにおでんの具材ができます。あらびきマスタードが具材によく合います。

  • 調理時間 45分
  • エネルギー 323kcal
  • 食塩相当量 7.2g
  • 野菜摂取量 100g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

大根 1/4本 200g
板こんにゃく(黒) 1/2枚 130g
さつま揚げ 2枚 130g
ちくわ 小2本 60g
昆布 5cm 5g
和風だし汁 800ml
しょうゆ 大さじ3
みりん 大さじ3
少々
キユーピー あらびきマスタード 適量
サラダクラブ うずら卵水煮(国産) 1袋 57g

作り方

1昆布は水でもどし、適当な長さに切り、結んでおく。

2大根は皮をむいて厚さ3cmの輪切りにし、竹串がすっと通るまで下ゆでする。

3板こんにゃくはゆでて、三角に切る。

4さつま揚げは熱湯をかけて油抜きし、食べやすい大きさに切る。
ちくわは斜め半分に切る。

5うずら卵は3個ずつ串にさす。

6鍋に和風だし汁を煮立て、しょうゆ、みりん、塩を加え、1〜3を加えて
約20分煮る。

76に4を加えて、味が染み込むまで煮たら5を加える。

8器に7を盛りつけ、あらびきマスタードを添える。

調理のポイント

大根を下ゆでする際、米のとぎ汁でゆでるとアクや苦味が抜け、
味がしみ込みやすくなります。
こんにゃくは熱湯でゆでるとアクとともに独特のにおいが取れます。
はんぺん、つみれ、じゃがいもなどお好みの材料でおたのしみください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 323kcal
たんぱく質 20.8g
脂質 8.5g
炭水化物 38.6g
食塩相当量 7.2g
野菜摂取量 100g

大根を活用しよう

その他おかずのレシピ

キユーピー あらびきマスタードを使ったレシピ


素材について 大根の基本情報

冬|旬は10〜3月

大根の話

古名は「おおね」で大根の字が当てられていましたが、後に音読みの「だいこん」になりました。生のまますりおろせば、自然の辛みが味わえ、コトコト煮れば甘みが増す、和食においてなくてはならない食材です。 春の七草の一つに「すずしろ」と数えられることからも、日本の食卓との深い関わりが伺えます。通年出回っていますが、冬の時期の大根は甘みがより増してくるのが特徴。煮物やおでんなどに向いています。 大根は、かつては全国各地で固有のものが栽培され、200品種を超えるといわれていましたが、最近では青首大根が主流。甘みがあり、大きさも手ごろなことから、青果売場にならんでいます。一方、地方ごとに工夫された漬け物や切り干しなどの保存食として加工されたものも広く流通されるようになりました。

このレシピが関連するカテゴリー