そら豆とあさりのマヨネーズ炒め

写真:そら豆とあさりのマヨネーズ炒め

  • 調理時間 15分
    (あさりの砂出しの時間は除く)
  • エネルギー 171kcal
  • 食塩相当量 1.2g
  • 野菜摂取量 102g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

そら豆 120g
キャベツ 1枚 60g
ミニトマト 6個 54g
あさり 200g(殻つき)
適量
キユーピー マヨネーズ 大さじ2

作り方

1あさりは塩水につけ、砂出しをしておく。

2そら豆は塩を加えた熱湯でゆでて薄皮をむく。

3キャベツは食べやすい大きさに切る。

4フライパンにマヨネーズ大さじ1を入れて火にかけ、①をさっと炒め、
③とミニトマトも加えて、あさりの殻が開くまでふたをして蒸し煮にする。

5②と残りのマヨネーズを加えてさっと炒め合わせ、器に盛りつける。

調理のポイント

マヨネーズの量はお好みで調節してください。
砂出しをしたあさりは、殻と殻をこすり合わせるようによく洗い、
水気をきってから使用してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 171kcal
たんぱく質 8.3g
脂質 10.7g
炭水化物 10.7g
食塩相当量 1.2g
野菜摂取量 102g

このレシピに使われている商品

そら豆を活用しよう

その他魚介料理のレシピ

キユーピー マヨネーズを使ったレシピ


素材について そら豆の基本情報

春|旬は4〜6月

そら豆の話

そら豆は、さやを天に向けて実ることから「空豆」、蚕が作るまゆの形に似ていることから「蚕豆」と書かれるといわれます。早生そら豆と一寸そら豆があり、以前は両方つくられていましたが、最近では一粒の大きさが一寸(3cm)の一寸そら豆が主流です。食べ方として一般的なのは塩ゆで。まめの黒いつめの部分「お歯黒」に少し切れ目を入れて塩ゆですると、冷めても皮にしわがよらず、きれいにゆであがります。その他、さやごと網で焼くと中が蒸し焼き状態になり、旨みがアップ。 さやごと焼く場合は、さやが破裂しないように切れ目を入れておくのがポイントです。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す