ドレッシングで!さばの深煎りごま煮

写真:ドレッシングで!さばの深煎りごま煮

写真は1人分です

さば料理の定番の塩焼きやみそ煮に飽きたら、ごまドレッシングで煮るのはいかがでしょうか。深く煎ったすりたてごまの風味がきいた、ごはんがすすむ一品です。

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 303kcal
  • 食塩相当量 1g
  • 野菜摂取量 20g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

さば 2切れ 160g
長ねぎ 20cm 40g
A 100CC 100g
A キユーピー 深煎りごまドレッシング 50CC 50g

作り方

1さばは、皮目に浅い切れめを入れる。血合いがついている場合は、キッチンペーパーなどでふき取る。

2長ねぎは長さ5cmに切る。

3小さめのフライパンにAを入れて火にかけ、煮立ったら②と①のさばを皮目を上にして入れる。
アクを取り、スプーンで煮汁をかけながら1分ほど煮た後、落しぶたをして、約10分煮る。

調理のポイント

さばの切り身は、火の通りをよくするためと、皮が破れるのを防ぐために浅く切れめを入れます。
煮汁が足りない場合は、水の量を調整してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 303kcal
たんぱく質 17.5g
脂質 22.5g
炭水化物 5.3g
食塩相当量 1g
野菜摂取量 20g

このレシピに使われている商品

さばを活用しよう

その他魚介料理のレシピ

キユーピー 深煎りごまドレッシングを使ったレシピ


素材について 長ねぎの基本情報

冬|旬は11〜3月

長ねぎの話

ねぎには、大きく分けて、根元の白い部分を食べる「根深ねぎ」と、葉の部分を食べる「葉ねぎ」があります。「根深ねぎ」は主に関東で食べられてきたねぎで、一般には「長ねぎ」「白ねぎ」と呼ばれるもの。土寄せをして日に当たらないようにして、白い部分が多くなるように育てられます。独特のにおいがあり、生食すると辛みがありますが、煮込むと甘くとろりとした口当たりになります。 一方、関西で多く食べられてきたのが「葉ねぎ」です。以前は「関東は白、関西は緑」と分かれていましたが、最近では地域を問わず使われるようになりました。どちらも通年出回っていますが、おいしくなるのは「根深ねぎ」が冬、「葉ねぎ」は春といわれています。

このレシピが関連するカテゴリー