チンゲン菜と蒸し鶏のナムル風サラダ

写真:チンゲン菜と蒸し鶏のナムル風サラダ

シャキシャキしたチンゲン菜と蒸し鶏がよく合う、 和えるだけでかんたんに作れるナムル風サラダです。 お弁当のおかずにもおすすめです。  

  • 調理時間 10分
  • エネルギー 57kcal
  • 食塩相当量 1.1g
  • 野菜摂取量 55g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(4人分)

チンゲン菜 2株 170g
にんじん 5cm 50g
鶏むね肉 1/2枚 90g
少々
少々
こしょう 少々
キユーピー3分クッキング ナムル用 1袋 16g

作り方

1チンゲン菜は塩を加えた熱湯でゆでて水にとり、水気をしぼって長さ5cmに切る。
にんじんは皮をむき、長さ5cmの短冊切りにし、熱湯でゆでて、水気をきる。

2鶏むね肉は耐熱容器に入れ、塩・こしょう、酒をしてラップをかけ、レンジ(500W)で約2分加熱する。粗熱がとれたら細かくさく。

3ボウルに1と2を入れ、ナムル用で和える。

調理のポイント

レンジの加熱時間は、様子をみて調節してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 57kcal
たんぱく質 5.8g
脂質 2.1g
炭水化物 3.6g
食塩相当量 1.1g
野菜摂取量 55g

このレシピに使われている商品

チンゲン菜を活用しよう

その他サラダのレシピ

キユーピー3分クッキング ナムル用を使ったレシピ


素材について チンゲン菜の基本情報

秋|旬は9〜11月

チンゲン菜の話

チンゲン菜といえば、中華料理の代表的な野菜。日本に入ってきたのは日中国交回復以降で、中国野菜ブームに乗って広く普及しました。その後、栽培期間が短く料理に利用しやすいことから、需要が年々増加。当初は輸入中心でしたが現在ではほとんどが国産です。もともとは茎のしっかりした大ぶりのものが主流でしたが、最近では茎がやわらかいミニチンゲン菜も登場。 家庭の火力で炒め物をするのには最適と人気を集めています。


チンゲン菜の栄養の話

チンゲン菜は、β-カロテンをはじめとするビタミン類、カルシウム、カリウム、鉄などの栄養が豊富な緑黄色野菜。 ゆでるときには、根元に十文字の切りめを入れておくと、素早く均一に火が通り、栄養の損失を抑えながら、シャキシャキ感も楽しめます。また、脂溶性ビタミンのβ-カロテンが含まれているので、炒め物はもちろん、ゆでるときにも少し油を入れると、体への吸収が高まります。

このレシピが関連するカテゴリー