ロメインレタスのタコライス風

写真:ロメインレタスのタコライス風

ロメインレタスで具材を包み、タコライス風に仕上げた メニューです。ピリッと辛いソースとコクのある キユーピーハーフがよく合います。

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 454kcal
  • 食塩相当量 1.7g
  • 野菜摂取量 82g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

ロメインレタス 4枚 80g
トマト 1/2個 83g
牛ひき肉 120g
ご飯 120g
シュレッドチーズ 40g
A トマトケチャップ 大さじ2
A タバスコ 適量
サラダ油 適量
キユーピー ハーフ 適量

作り方

1ロメインレタスは冷水にさらして水気をきる。

2トマトは5mmの角切りにする。

3牛ひき肉は、油をひいて熱したフライパンで炒める。

41に、ごはん、3、混ぜ合わせたA、2、シュレッドチーズの順に盛り付け、
キユーピーハーフで線描きする。

調理のポイント

ケチャップとタバスコの量はお好みで調節してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 454kcal
たんぱく質 17.8g
脂質 27.3g
炭水化物 31.3g
食塩相当量 1.7g
野菜摂取量 82g

このレシピに使われている商品

ロメインレタスを活用しよう

肉のサラダのレシピ

キユーピー ハーフを使ったレシピ


素材について ロメインレタスの基本情報

ロメインレタスの特徴

ロメインレタスは、外葉が深い緑色で、かすかな苦みがあり、内葉は淡い緑色で甘味を持ち、葉先はやわらかく、 葉脈はシャキシャキとした食感をたのしめるなど、部位により食味が異なります。

全体をバランスよく使用することで、 味と彩りと食感をたのしめるサラダが出来上がります。
焼いたり、炒めたりしてもシャキシャキとした食感が残りますので、炒め物などにも向いています。


原産・由来

エーゲ海コス島の原産で一般の玉レタスのように結球しない、リーフレタスの一種です。

"ロメイン"とは、"ローマの"という意味でローマ時代から食べられていたとの諸説もありますが、ヨーロッパからアメリカに広まり、アメリカではサラダの定番野菜です。


このレシピが関連するカテゴリー