なすとミートソースのパンプキンクリーム

写真:なすとミートソースのパンプキンクリーム

なすがたっぷり入ったミートソースが、甘味のある濃厚なかぼちゃのクリームによく合います。 お子様にもおすすめの一品です。 

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 358kcal
  • 食塩相当量 1.6g
  • 野菜摂取量 138g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

かぼちゃ 1/6個 240g
なす 1/2本 36g
パセリ 適量
生クリーム 大さじ2
少々
キユーピー マヨネーズ 大さじ2
キユーピー あえるパスタソース ミートソース フォン・ド・ヴォー仕立て 1袋(80g)

作り方

1かぼちゃはワタと種を取り、食べやすい大きさに切り、レンジ(500W)で約6分30秒加熱し、皮をむく。
ビニール袋に入れ、なめらかになるまでつぶす。生クリーム、マヨネーズの順に加えて
クリーム状になるまでさらにつぶし、塩で味をととのえる。

2なすは1cmの角切りにし、水にさらして水気をきる。
耐熱容器にパスタソースとなすを入れて混ぜ合わせ、ラップをかけレンジ(500W)で
約2分加熱する。

3カップに1を盛りつけ、2をのせ、みじん切りにしたパセリをふる。

調理のポイント

ポテトクリームは混ぜ始めはとてもゆるいですが、粗熱がとれてくるとクリーム状になります。
お好みの状態になるよう、加える牛乳の量を加減してください。
レンジの加熱時間は様子をみて調節してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 358kcal
たんぱく質 6.3g
脂質 22.5g
炭水化物 33.1g
食塩相当量 1.6g
野菜摂取量 138g

かぼちゃを活用しよう

かぼちゃサラダのレシピ

キユーピー マヨネーズを使ったレシピ


素材について かぼちゃの基本情報

夏|旬は5〜8月

かぼちゃの話

かぼちゃの名の由来は、ポルトガル人が寄港地のカンボジアからもたらしたことにちなむといわれています。かぼちゃは、大きく分けて「日本かぼちゃ」「西洋かぼちゃ」「ペポかぼちゃ」の3種類があります。一番最初に日本に伝来したのは「日本かぼちゃ」。味は淡泊ですが、粘りがあり、煮くずれしにくいので、煮物や蒸しものに向いています。現在では糖質の多い「西洋かぼちゃ」が日本のかぼちゃの大半を占めています。

このレシピが関連するカテゴリー