生きくらげとふわふわたまごのマヨソテー

写真:生きくらげとふわふわたまごのマヨソテー

卵にマヨネーズを加えて炒めるとふわふわに仕上がります。

  • 調理時間 10分
  • エネルギー 250kcal
  • 食塩相当量 1.2g
  • 野菜摂取量 84g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

生きくらげ 1パック 60g
長ねぎ 1本(30cm) 60g
にら 1/2束 48g
3個(M) 150g
少々
A 大さじ1
A しょうゆ 小さじ1
A 豆板醤 小さじ1/4
A 砂糖(上白糖) 小さじ1/4
キユーピー マヨネーズ 大さじ2

作り方

1生きくらげは石づきを取り、4等分に切る。

2長ねぎは斜め薄切りにする。にらは長さ5cmに切る。

3ボウルに卵を溶き、マヨネーズ大さじ1と塩を加えて混ぜる。

4フライパンに油をひかずに熱し、③を入れて半熟状にし、いったん取り出す。

5④のフライパンに残りのマヨネーズを入れて火にかけ、②の長ねぎ、にらの順に加えてさっと炒める。

6⑤に混ぜ合わせたAを入れて炒め、④を戻し、①を加えて炒め合わせる。

栄養成分(1人分)

エネルギー 250kcal
たんぱく質 11.1g
脂質 19.2g
炭水化物 6.5g
食塩相当量 1.2g
野菜摂取量 84g

このレシピに使われている商品

長ねぎを活用しよう

その他たまご料理のレシピ

キユーピー マヨネーズを使ったレシピ


素材について 長ねぎの基本情報

冬|旬は11〜3月

長ねぎの話

ねぎには、大きく分けて、根元の白い部分を食べる「根深ねぎ」と、葉の部分を食べる「葉ねぎ」があります。「根深ねぎ」は主に関東で食べられてきたねぎで、一般には「長ねぎ」「白ねぎ」と呼ばれるもの。土寄せをして日に当たらないようにして、白い部分が多くなるように育てられます。独特のにおいがあり、生食すると辛みがありますが、煮込むと甘くとろりとした口当たりになります。 一方、関西で多く食べられてきたのが「葉ねぎ」です。以前は「関東は白、関西は緑」と分かれていましたが、最近では地域を問わず使われるようになりました。どちらも通年出回っていますが、おいしくなるのは「根深ねぎ」が冬、「葉ねぎ」は春といわれています。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す