かぼちゃとチキンのサラダサンド

写真:かぼちゃとチキンのサラダサンド

写真は1人分です

ほっくりとしたかぼちゃサラダに、フライドオニオンを加えて、味わい深く仕上げました。キユーピーハーフの卵のまろやかなコクと酸味が、かぼちゃの甘みを引き立てます。

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 485kcal
  • 食塩相当量 2.2g
  • 野菜摂取量 145g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

食パン(全粒粉) 4枚(8枚切)
かぼちゃ 250g
サニーレタス 2枚 40g
A 少々
A 黒こしょう 少々
キユーピー ハーフ 大さじ3+小さじ2
サラダクラブ チキンささみ(国産) 1袋 40g
サラダクラブ フライドオニオン 1/2袋 5g

作り方

1かぼちゃはワタと種を取り、よく洗い、ひと口大に切る。ぬれたままクッキングペーパーで包んで耐熱容器にのせ、ラップをかけてレンジ(500W)で約6分加熱する。

2ボウルに①、キユーピーハーフ大さじ3、チキンささみ、フライドオニオン、Aを入れて混ぜ合わせる。

3サニーレタスは冷水にさらして水気をきる。

4食パンはオーブントースターで軽く焼き色がつくまで焼く。

5④の食パン1枚に、②の半量、③の半量の順にのせ、もう1枚の食パンの内側片面にキユーピーハーフを小さじ1ぬり、はさむ。同様にもう1つ作り、半分に切る。

調理のポイント

レンジとオーブントースターの加熱時間は、様子をみて調節してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 485kcal
たんぱく質 16.8g
脂質 14.5g
炭水化物 71.1g
食塩相当量 2.2g
野菜摂取量 145g

食パンを活用しよう

サンドイッチのレシピ

キユーピー ハーフを使ったレシピ


素材について かぼちゃの基本情報

夏|旬は5〜8月

かぼちゃの話

かぼちゃの名の由来は、ポルトガル人が寄港地のカンボジアからもたらしたことにちなむといわれています。かぼちゃは、大きく分けて「日本かぼちゃ」「西洋かぼちゃ」「ペポかぼちゃ」の3種類があります。一番最初に日本に伝来したのは「日本かぼちゃ」。味は淡泊ですが、粘りがあり、煮くずれしにくいので、煮物や蒸しものに向いています。現在では糖質の多い「西洋かぼちゃ」が日本のかぼちゃの大半を占めています。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す