キャロットラペ

写真:キャロットラペ

いつもの食事に野菜で「もう一品」ほしいときに、おすすめの作りおきサラダです。冷蔵庫で保存し、2~3日を目安に召しあがってください。 にんじんの自然な甘みとさわやかなレモンドレッシングがよく合います。

  • 調理時間 10分
  • エネルギー 46kcal
  • 食塩相当量 0.5g
  • 野菜摂取量 90g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(4人分)

作り方

1にんじんは皮をむき、ピーラーでリボン状に薄く削る。ぬらしたクッキングペーパーで包み、耐熱容器に入れてふんわりとラップをかけ、レンジ(500W)で約5分加熱する。
※レンジの加熱時間は、様子をみて調節してください。

2ボウルに①を入れ、ドレッシングで和える。

調理のポイント

●調理するとき
 手はよく洗い、調理器具は清潔なものを使用してください。
 野菜は新鮮なものをしっかり洗い、水気をきりましょう。
●保存するとき
 調理後は冷めてから、密閉できる清潔な容器に移しましょう。
 1回に食べる量だけ出し、残りはすぐに冷蔵庫に入れましょう。
●召しあがるとき
 使用する食材や保存状態によって早く傷むことがあります。
 色やにおいをよく確認し、味が悪いときは食べるのはやめましょう。

栄養成分(1人分)

エネルギー 46kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 1.2g
炭水化物 8.6g
食塩相当量 0.5g
野菜摂取量 90g

このレシピに使われている商品

にんじんを活用しよう

単品野菜のレシピ

キユーピー レモンドレッシングを使ったレシピ


素材について にんじんの基本情報

秋|旬は4〜7月,11〜12月

にんじんの話

にんじんに含まれるカロテンは、にんじんの英名の'carrot'が名の由来です。にんじんの主な原産地はアフガニスタンあたりといわれています。日本でよく食されているオレンジ色の西洋系にんじんのほかに、中国経由で日本に入ってきた東洋系にんじんという種類もあります。西洋系にんじんはヨーロッパで品種改良が行われたものが明治時代に入ってきたことがきっかけで日本に定着したといわれています。近年、さらなる品種改良や栽培手法の変更などにより、甘さを追求したものも多くなっています。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す