イチゴと抹茶のマフィン

メール
送信
写真:イチゴと抹茶のマフィン

イチゴジャムの甘酸っぱさと抹茶のほんのりとした苦みがよく合います。

  • 調理時間 10分
    (焼く時間は除く)
  • エネルギー 190kcal
  • 食塩相当量 0.4g
  • 野菜摂取量 0g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

お気に入り登録が
できるようになりました

材料(6個分)

A ホットケーキミックス 150g
A 抹茶 大さじ2
A 1個 51g
A 牛乳 25ml
バター 30g
アヲハタ 55 イチゴ 150g

作り方

1【下準備】
オーブンは170℃に予熱しておく。

2ボウルにA、溶かしたバター、ジャム半量を入れ、混ぜる。
全体が混ざったら、残りのジャムを加えてさっくり混ぜる。

3マフィン型に②を7分目まで入れ、予熱しておいたオーブンで約20分焼く。

調理のポイント

アヲハタ 55 イチゴは1瓶150gのサイズを使用しております。
生地はさっくりと混ぜるようにしましょう。
オーブンの加熱時間は、様子をみて調節してください。
バターは細かく切ってレンジで加熱すると、均一に溶けます。

栄養成分(1人分)

エネルギー 190kcal
たんぱく質 3.7g
脂質 6.2g
炭水化物 29.6g
食塩相当量 0.4g
野菜摂取量 0g

このレシピに使われている商品

ホットケーキミックスを活用しよう

洋焼き菓子のレシピ

アヲハタ 55 イチゴを使ったレシピ


素材について 卵の基本情報

卵の栄養の話

卵はたんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなどいろいろな栄養素を含んでいますが、中でも特長的なのが、たんぱく質のアミノ酸バランスのよさです。

人間の体内でつくることができない必須アミノ酸の組成が優れているため、卵のたんぱく質は、もっとも良質で、栄養価の高い食品であるといえます。

卵黄の色はエサの色で決まりますが、栄養価にはほとんど差がありません。
トウモロコシが多いと黄色に、パプリカなどを加えると濃いオレンジ色になります。エサに米の配合が多いと薄いクリーム色になります。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す