里いものチャウダー

写真:里いものチャウダー

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 204kcal
  • 食塩相当量 1.4g
  • 野菜摂取量 61g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

里いも 2個 100g
長ねぎ 1/2本 30g
にんじん 1/2本 90g
小ねぎ 適量
牛乳 200ml
200ml
キユーピー3分クッキング 野菜をたべよう! チャウダーの素 1袋(30g)

作り方

1里いもは皮をむき、ひと口大に切る。

2長ねぎは斜め薄切りにする。

3にんじんは皮をむき、厚さ5mmの半月切りにする。

4鍋に1〜3と水を入れてアクを取りながら弱火で煮る。

5里いもに火が通ったらチャウダーの素と牛乳を入れて煮て、器に盛りつけ、
小口切りにした小ねぎを散らす。

調理のポイント

ご家庭にあるお好みの野菜でおたのしみください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 204kcal
たんぱく質 6.4g
脂質 10.3g
炭水化物 22.1g
食塩相当量 1.4g
野菜摂取量 61g

里いもを活用しよう

汁物・スープ・シチューのレシピ

キユーピー3分クッキング 野菜をたべよう! チャウダーの素を使ったレシピ


素材について 里いもの基本情報

秋|旬は9〜11月

里いもの話

日本の食卓には欠かせないいも類の里いもですが、その歴史は古く縄文から弥生時代のあたりに日本にやって来たとされています。1つの親芋から小芋、孫芋と増えていく姿から縁起の良い食材とされています。例えば、中秋の名月にはススキなどと共に、お月見のお供え物になる地域も多いようです。里いもの食感の特徴であるぬめりは、触るとかゆみを引き起こす場合があります。その時は、調理する前に酢水を作って、手につけておきましょう。

このレシピが関連するカテゴリー