ごぼうと鶏肉のペンネ

写真:ごぼうと鶏肉のペンネ

  • 調理時間 20分
  • エネルギー 415kcal
  • 食塩相当量 1g
  • 野菜摂取量 23g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

ペンネ 130g
ごぼう 1/3本 46g
鶏むね肉 80g
オリーブ油 小さじ2
白ワイン 大さじ2
少々
こしょう 少々
少々
キユーピー ディフェ 30g

作り方

1ごぼうは皮をこそげ取ってささがきにし、酢水にさらして水気をきる。
鶏むね肉はそぎ切りにする。

2フライパンにオリーブ油をひいて熱し、1を炒め、鶏むね肉に火が通ったら
白ワインを加えて、塩・こしょうをする。

3ペンネは塩を加えた熱湯で袋の表示通りにゆでる。

42にキユーピー ディフェとペンネのゆで汁大さじ3〜4を加え、
塩・こしょうで味をととのえ、3も加えて炒め合わせ、器に盛りつける。

調理のポイント

食物繊維の多いごぼうと、鶏むね肉のたんぱく質がとれるメニューです。

栄養成分(1人分)

エネルギー 415kcal
たんぱく質 17.2g
脂質 12.6g
炭水化物 52.5g
食塩相当量 1g
野菜摂取量 23g

このレシピに使われている商品

ごぼうを活用しよう

パスタ(温)和風・明太のレシピ

キユーピー ディフェを使ったレシピ


素材について ごぼうの基本情報

秋|旬は3〜5月,10〜12月

ごぼうの話

日本ではいろいろな料理においておなじみのごぼうですが、実はごぼうを食用としているのは日本や韓国など、ごく一部なのだそう。中国では食用ではなく、主に漢方薬として使われているようです。ごぼうはアクが強く、空気に触れると変色してしまうので、切ったらすぐに水にさらすのがポイント。ただし、長くさらすと風味や栄養を逃がすので注意しましょう。 水にさらすときに酢を少量加えると、白くきれいに仕上がります。

このレシピが関連するカテゴリー