スープ ビシソワーズ(じゃがいもの冷たいスープ)

写真:スープ ビシソワーズ(じゃがいもの冷たいスープ)

じゃがいもに含まれるビタミンCは、加熱しても崩れにくいのが特徴です。 煮汁ごと食べられるスープは栄養損失が少ないおすすめの調理法です。

  • 調理時間 20分
  • エネルギー 200kcal
  • 食塩相当量 1.3g
  • 野菜摂取量 50g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

じゃがいも 150g
玉ねぎ 60g
長ねぎ 40g
小ねぎ 適量
牛乳 180ml
300ml
サラダ油 小さじ1
小さじ1/3
こしょう 少々
キユーピー ディフェ 30g

作り方

1じゃがいもは皮をむいていちょう切りにし、水にさらす。
玉ねぎは薄切り、長ねぎは小口切りにする。

2鍋に油をひいて熱し、玉ねぎと長ねぎを焦がさないように炒める。
水気をきったじゃがいもを入れて炒め合わせ、水、塩・こしょうを加え、
じゃがいもがやわらかくなるまで中火で煮る。

32に牛乳とキユーピー ディフェを加え、ミキサーにかけて塩・こしょうで
味をととのえる。

43をよく冷やして器に盛りつけ、小口切りにした小ねぎを散らす。

栄養成分(1人分)

エネルギー 200kcal
たんぱく質 5.2g
脂質 10.7g
炭水化物 21.3g
食塩相当量 1.3g
野菜摂取量 50g

このレシピに使われている商品

じゃがいもを活用しよう

汁物・スープ・シチューのレシピ

キユーピー ディフェを使ったレシピ


素材について じゃがいもの基本情報

秋|旬は5〜6月,10〜2月

じゃがいもの話

日本で流通しているじゃがいもといえば、男爵いもとメークインが代表的、それぞれの性質はずいぶん違うので、料理に合わせて使い分けるのがおすすめです。まず、男爵は、丸くゴツゴツした形をしており、粉質で加熱するとホクホクした食感が楽しめるのが特徴で、コロッケやポテトサラダなど、マッシュして使う料理によく合います。一方、長い楕円形でつるんとしたメークインはきめの細かい粘質で、加熱するとしっとりした食感に。煮くずれしにくいので、ポトフなど、煮込み料理に向いています。

このレシピが関連するカテゴリー