鶏つくねと野菜のあんかけ丼

写真:鶏つくねと野菜のあんかけ丼

キユーピー ディフェを入れた鶏つくねと野菜を、甘辛く味つけしました。ごはんによく合います。

  • 調理時間 20分
  • エネルギー 423kcal
  • 食塩相当量 1.8g
  • 野菜摂取量 59g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

ご飯 300g
玉ねぎ 1/2個 94g
にんじん 1/8本 23g
鶏ひき肉 70g
和風だし汁 100ml
しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ1
カレー粉 小さじ1/2
片栗粉 小さじ1
小さじ1/2
キユーピー ディフェ 30g

作り方

1玉ねぎはくし形切りにする。にんじんは皮をむき、薄切りにする。

2鶏ひき肉にキユーピー ディフェの半量を加えてよく混ぜ、6等分にして丸める。

3鍋に和風だし汁を煮立て、しょうゆとみりんを加え、2を入れる。

43に1を加え、火が通ったら、カレー粉を加え、味をととのえる。
水で溶いた片栗粉を加えてとろみをつけ、ごはんを入れた器に盛りつけ、残りの
キユーピー ディフェで線描きする。

調理のポイント

鶏ひき肉にキユーピー ディフェを加えることにより、つなぎの役目や、食感が
やわらかくなります。

栄養成分(1人分)

エネルギー 423kcal
たんぱく質 11.7g
脂質 9.8g
炭水化物 67.8g
食塩相当量 1.8g
野菜摂取量 59g

このレシピに使われている商品

玉ねぎを活用しよう

丼のレシピ

キユーピー ディフェを使ったレシピ


素材について 玉ねぎの基本情報

秋|旬は4〜6月,9〜12月

玉ねぎの話

玉ねぎは、東欧系の辛み品種と南欧系の甘み品種があり、皮の色や大きさにより黄玉ねぎ、白玉ねぎ、赤玉ねぎ、小玉ねぎなどに分けられます。日本で流通しているのは辛み品種の黄玉ねぎが多く、貯蔵性が高いのも特徴です。通常、玉ねぎは日もちをよくするために、収穫してから1ヶ月くらい風にあてて乾燥させてから流通させています。新玉ねぎといわれるものは、黄玉ねぎや白玉ねぎを早取りし、すぐに出荷したもので、皮が薄く、実の水分が多くてやわらかい、という特徴があります。また、みずみずしく、辛みが少ないので、サラダなどに入れて生食するのがおすすめです。

このレシピが関連するカテゴリー