焼き鮭とポテトのサラダ

メール
送信
写真:焼き鮭とポテトのサラダ

  • 調理時間 10分
  • エネルギー 270kcal
  • 食塩相当量 0.7g
  • 野菜摂取量 33g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

お気に入り登録が
できるようになりました

材料(2人分)

鮭(生) 2切れ 200g
じゃがいも 1個 110g
紫玉ねぎ 1/4個 35g
セロリ 1/3本 28g
ケッパー 小さじ1
ディル 適量
レモン汁 適量
オリーブ油 適量
少々
こしょう 少々
キユーピー ハーフ 大さじ2

作り方

1鮭は水気をふき取り、塩・こしょうをし、オリーブ油を熱したフライパンで焼く。
粗熱がとれたら皮をとって食べやすい大きさにほぐし、レモン汁をふる。

2じゃがいもはよく洗い、皮つきのまま塩を加えた熱湯でゆでる。
やわらかくなったら皮をむいて薄切りにし、塩・こしょう、レモン汁をふる。

3紫玉ねぎは薄切りにし、水にさらして水気をきる。
セロリは筋を取り、粗めのみじん切りにする。

4ボウルに①~③とケッパーを入れてキユーピーハーフで和える。

5器に④を盛りつけ、ディルを飾る。

調理のポイント

じゃがいもはレンジでもかんたんに加熱できます。
その場合、乾いたクッキングペーパーで包み、さらにラップでふんわり包んで
レンジ(500W)で約4分加熱してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 270kcal
たんぱく質 23.9g
脂質 13.3g
炭水化物 12.3g
食塩相当量 0.7g
野菜摂取量 33g

このレシピに使われている商品

鮭を活用しよう

ポテトサラダのレシピ

キユーピー ハーフを使ったレシピ


素材について 鮭の基本情報

旬は秋

鮭は産卵期に入ると生まれた川へ帰り、卵を産んで一生を終えます。

産卵するために、海から生まれた川へと戻りはじめる直前の9~11月のものが脂のりが素晴らしく美味しいとされています。

また、春から夏にかけて北海道沿岸で穫れる若い鮭は産卵の疲労がなく、脂がのっているため『ときしらず』と 呼ばれ重宝されています。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す