チンゲン菜と鶏ささみのあえサラダ

メール
送信
写真:チンゲン菜と鶏ささみのあえサラダ

チンゲン菜と鶏ささみに、ごま油の風味とピリッとした辛味で味わい深く仕上げたドレッシングがよく合います。

  • 調理時間 10分
  • エネルギー 63kcal
  • 食塩相当量 0.9g
  • 野菜摂取量 52g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

お気に入り登録が
できるようになりました

材料(2人分)

チンゲン菜 1株 85g
ミニトマト 2個 18g
鶏ささみ 1本 38g
少々
少々
キユーピー 和風醤油ごま入ドレッシング 適量

作り方

1チンゲン菜は塩を加えた熱湯でゆでて水にとり、水気をしぼって
食べやすい長さに切る。ミニトマトは半分に切る。

2鶏ささみは筋を取って器に並べ、酒と塩をしてラップをかけ、レンジ(500W)で
約1分加熱する。粗熱がとれたら食べやすい大きさにさく。

3ボウルに①と②を入れ、ドレッシングで和える。

調理のポイント

レンジの加熱時間は、様子をみて調節してください。
「あえサラダ」とは、素材をドレッシングで和えたサラダのことです。
和えることで味がよくなじみ、かさが減るので野菜がたくさん食べられます。

栄養成分(1人分)

エネルギー 63kcal
たんぱく質 5.2g
脂質 3.2g
炭水化物 3.1g
食塩相当量 0.9g
野菜摂取量 52g

このレシピに使われている商品

チンゲン菜を活用しよう

肉のサラダのレシピ

キユーピー 和風醤油ごま入ドレッシングを使ったレシピ


素材について チンゲン菜の基本情報

秋|旬は9〜11月

チンゲン菜の話

チンゲン菜といえば、中華料理の代表的な野菜。日本に入ってきたのは日中国交回復以降で、中国野菜ブームに乗って広く普及しました。その後、栽培期間が短く料理に利用しやすいことから、需要が年々増加。当初は輸入中心でしたが現在ではほとんどが国産です。もともとは茎のしっかりした大ぶりのものが主流でしたが、最近では茎がやわらかいミニチンゲン菜も登場。 家庭の火力で炒め物をするのには最適と人気を集めています。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す