パンプキンサラダと豆のスタッフドバゲット

写真:パンプキンサラダと豆のスタッフドバゲット

フランスパンの中をくりぬいてパンプキンサラダを詰めたおしゃれな一品です。 ミックスビーンズの食感がアクセントになっています。 ブランチやおもてなしにもおすすめです。    

  • 調理時間 15分
    (寝かせる時間は除く)
  • エネルギー 209kcal
  • 食塩相当量 0.9g
  • 野菜摂取量 56g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(4人分)

フランスパン 1/2本(16cm) 130g
かぼちゃ 200g
玉ねぎ 1/8個 24g
プロセスチーズ 3個 30g
黒こしょう 少々
キユーピー ハーフ 大さじ2
サラダクラブ ミックスビーンズ(ひよこ豆、青えんどう、赤いんげん豆) 1袋 50g

作り方

1フランスパンは両端を切り落とす。切り口にパン切り包丁などを刺しこみ、
縁の白い部分が約5mm残るように、中身をくりぬく。

2かぼちゃはワタと種を取り、ぬらしたクッキングペーパーで包んで耐熱容器にのせてラップをかけ、
レンジ(500W)で約5分加熱し、皮をむいて熱いうちにフォークなどでつぶす。 

3玉ねぎは5mmの角切りにし、水にさらして水気をきる。
プロセスチーズは1cmの角切りにする。

42に3とミックスビーンズを加えてキユーピーハーフで和え、黒こしょうをふる。

51に4を詰めてラップで包み、冷蔵庫で約30分寝かし、2cm幅に切る。

調理のポイント

くりぬいたフランスパンは、生パン粉にするとよいでしょう。
レンジの加熱時間は、様子をみて調節してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 209kcal
たんぱく質 7.2g
脂質 5.3g
炭水化物 33.2g
食塩相当量 0.9g
野菜摂取量 56g

フランスパンを活用しよう

サンドイッチのレシピ

キユーピー ハーフを使ったレシピ


素材について かぼちゃの基本情報

夏|旬は5〜8月

かぼちゃの話

かぼちゃの名の由来は、ポルトガル人が寄港地のカンボジアからもたらしたことにちなむといわれています。かぼちゃは、大きく分けて「日本かぼちゃ」「西洋かぼちゃ」「ペポかぼちゃ」の3種類があります。一番最初に日本に伝来したのは「日本かぼちゃ」。味は淡泊ですが、粘りがあり、煮くずれしにくいので、煮物や蒸しものに向いています。現在では糖質の多い「西洋かぼちゃ」が日本のかぼちゃの大半を占めています。

このレシピが関連するカテゴリー