たまごと春野菜のサラダ

写真:たまごと春野菜のサラダ

たまごサラダと、春野菜を盛りつけたボリューム満点のカラフルなサラダです。 さっぱりとしたレモンドレッシングがよく合います。

  • 調理時間 10分
  • エネルギー 311kcal
  • 食塩相当量 1.9g
  • 野菜摂取量 86g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

作り方

1紫玉ねぎは1cmの角切りにし、水にさらして水気をきる。
赤パプリカとアボカドは1cmの角切りにする。
スナップえんどうは筋を取り、塩を加えた熱湯でさっとゆでて水にとり、水気をきって斜め3等分に切る。

2レタスは冷水にさらして水気をきり、食べやすい大きさにちぎる。

3たまごサラダは袋のまま、ゆで卵をよく手でつぶす。

4器に2を敷き、中央に3をのせ、まわりに1とミックスビーンズを盛りつけ、ドレッシングをかける。

調理のポイント

たまごサラダは食べる直前にゆで卵をつぶすことによって、作りたてが味わえます。
ゆで卵のつぶし具合はお好みで調節してください。
アボカドは種のまわりに縦一周切り込みを入れて両手でひねって2つに分け、
種を除いて皮をむいてください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 311kcal
たんぱく質 11.2g
脂質 22.8g
炭水化物 17.3g
食塩相当量 1.9g
野菜摂取量 86g

スナップえんどうを活用しよう

その他サラダのレシピ

キユーピー レモンドレッシングを使ったレシピ


素材について スナップエンドウの基本情報

春|旬は4〜6月

スナップエンドウの話

さやえんどうのシャキシャキ感とグリンピースの豆の甘みをいっしょに味わえるのがスナップエンドウ。アメリカでつくられた新しい品種で、豆が熟してもさやが固くならずやわらかいので、さやごとそのまま食べることができるのが特徴です。出回るようになったのは、1970年代以降と比較的新しい野菜ですが、その手軽さとおいしさから、サラダや炒め物などに人気です。別名スナップピース、スナックエンドウとも呼ばれています。


スナップエンドウの栄養の話

β-カロテン、ビタミンC、カリウム、カルシウムなど、栄養のバランスもよい野菜。さやごと食べることで、食物繊維もしっかりとることができます。ビタミンCは、熱に弱いので、加熱はなるべく短く。ゆですぎず、さやのシャキシャキ感を楽しめるようにしましょう。

このレシピが関連するカテゴリー