鶏肉とズッキーニとパプリカのサラダ

写真:鶏肉とズッキーニとパプリカのサラダ

焼いて甘みをひきだした野菜と鶏肉に、たまねぎの甘みと黒酢の香りをいかしたドレッシングがよく合います。ボリュームがあり、おかずとしてもたのしめる一品です。 

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 148kcal
  • 食塩相当量 0.7g
  • 野菜摂取量 91g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

ズッキーニ 1/3本 67g
サニーレタス 3枚 60g
黄パプリカ 1/4個 40g
いんげん 2本 15g
鶏もも肉 60g
サラダ油 適量
キユーピー テイスティドレッシング 黒酢たまねぎ 適量

作り方

1ズッキーニは7mm幅の輪切りにする。
黄パプリカはひと口大に切る。
いんげんは筋をとり、3等分に切る。

2サニーレタスは冷水にさらして水気をきり、食べやすい大きさにちぎる。

3鶏もも肉はひと口大に切る。

4フライパンに油をひいて熱し、①と③を焼く。

5器に②を敷き、④を盛りつけ、ドレッシングをかける。

栄養成分(1人分)

エネルギー 148kcal
たんぱく質 6.3g
脂質 10.5g
炭水化物 6.8g
食塩相当量 0.7g
野菜摂取量 91g

ズッキーニを活用しよう

肉のサラダのレシピ

キユーピー テイスティドレッシング 黒酢たまねぎを使ったレシピ


素材について ズッキーニの基本情報

夏|旬は6〜8月

ズッキーニの話

緑で細長い形からキュウリの仲間だと誤解されがちですが、実はかぼちゃの一種。果肉はなすに似た肉質で、ほのかな甘みと苦みが特徴です。日本では新顔ですが、フランスやイタリアなどでは一般的な食材として用いられ、南フランスの「ラタトゥイユ」は代表的な料理です。他にも炒めたり、フライにしたりするなど、淡白な味わいはさまざまな料理に使われています。

このレシピが関連するカテゴリー