深煎りごまで!タコライス風

メール
送信
写真:深煎りごまで!タコライス風

写真は1人分です

深煎りごまドレッシングで味つけしたひき肉、生野菜、コーンを盛りつけたタコライス風のワンプレートです。深く煎ったごまの風味と少し甘めの味つけで、生野菜が食べやすくなり、お子様におすすめの一品です。

  • 調理時間 10分
  • エネルギー 539kcal
  • 食塩相当量 1.1g
  • 野菜摂取量 96g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

お気に入り登録が
できるようになりました

材料(2人分)

ご飯 2杯(茶碗) 300g
レタス 4枚 120g
ミニトマト 6個(中) 72g
合いびき肉 150g
シュレッドチーズ(生食用) 15g
A 中濃ソース 小さじ2
A 少々
A こしょう 少々
A キユーピー 深煎りごまドレッシング 大さじ1・1/2
サラダクラブ 北海道コーン(ホール) 1/2袋(50g)

作り方

1フライパンに油をひかずに熱し、合いびき肉を入れて火が通るまで炒め、余分な油をキッチンペーパーなどでふく。Aを加えて味をからめ、コーンを加えてさっと炒める。

2レタスは繊維に直角に細切りにし、冷水にさらして水気をきる。

3器にご飯を盛りつけ、②、①の順にのせ、4等分のくし形切りにしたミニトマトとシュレッドチーズを散らす。

調理のポイント

レタスは、繊維に直角にせん切りにすると、口当たりがやわらかくなり、食べやすくなります。
おとな向けには、お好みで黒こしょうやタバスコをかけてもおいしく召しあがれます。

栄養成分(1人分)

エネルギー 539kcal
たんぱく質 21.6g
脂質 18.6g
炭水化物 67.2g
食塩相当量 1.1g
野菜摂取量 96g

米を活用しよう

その他米飯のレシピ

キユーピー 深煎りごまドレッシングを使ったレシピ


素材について レタスの基本情報

夏|旬は3〜4月,7〜8月

レタスの話

日本名を「ちしゃ」といい、「乳草」の略とされます。茎を切ると断面から乳液がでることによります。10世紀には栽培されていた記録がありますが、現在のようなレタスが入ってきたのは、明治のはじめから。一般には、1960年代から普及しました。最近では、品種改良によって、サラダ菜、サニーレタス、リーフレタス、グリーンカールなど、種類も豊富になりました。焼肉などでおなじみのサンチュもレタスの仲間です。


このレシピが関連するカテゴリー