イースターエッグのマヨネーズクッキー

メール
送信
写真:イースターエッグのマヨネーズクッキー

マヨネーズを加えるだけで、バターを使わなくてもかんたんにクッキーができます。 バターを室温にもどす時間が省けるので、おすすめです。

  • 調理時間 40分
    (寝かせる時間は除く)
  • エネルギー 432kcal
  • 食塩相当量 0.3g
  • 野菜摂取量 0g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

お気に入り登録が
できるようになりました

材料(4人分(5~6cmのたまご型24枚分))

薄力粉 220g
1個 51g
砂糖 55g
ココア 5g
チョコペン 適量
カラーチョコ 適量
キユーピー マヨネーズ 60g

作り方

1ボウルにマヨネーズと砂糖を入れて泡立て器で混ぜ合わせ、さらに卵を加えて混ぜる。

2①にふるった薄力粉を加え、さっくり混ぜる。
生地を半分に分け、片方にココアを加え、さらにさっくり混ぜる。 

3②をラップに包んで冷蔵庫に入れ、約30分寝かす。

4オーブンは170℃に予熱しておく。

5③を麺棒で厚さ5mmに伸ばす。たまご形で型抜きし、オーブンシートを敷いた天板に
並べ、予熱しておいたオーブンで焼く。(目安時間10~15分)

6焼きあがったらクッキーの半量に、菜箸の太いほうで3~4か所くぼみをつける。粗熱をとり、くぼみにチョコペンをしぼって、カラーチョコをのせる。残りはチョコペンで模様を描く。

調理のポイント

オーブンの加熱時間は、様子をみて調節してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 432kcal
たんぱく質 7.3g
脂質 16.3g
炭水化物 62.5g
食塩相当量 0.3g
野菜摂取量 0g

このレシピに使われている商品

卵を活用しよう

洋焼き菓子のレシピ

キユーピー マヨネーズを使ったレシピ


素材について 卵の基本情報

卵の栄養の話

卵はたんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなどいろいろな栄養素を含んでいますが、中でも特長的なのが、たんぱく質のアミノ酸バランスのよさです。

人間の体内でつくることができない必須アミノ酸の組成が優れているため、卵のたんぱく質は、もっとも良質で、栄養価の高い食品であるといえます。

卵黄の色はエサの色で決まりますが、栄養価にはほとんど差がありません。
トウモロコシが多いと黄色に、パプリカなどを加えると濃いオレンジ色になります。エサに米の配合が多いと薄いクリーム色になります。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す