エリンギとほうれん草とベーコンのマヨソテー

写真:エリンギとほうれん草とベーコンのマヨソテー

エリンギとほうれん草を、油の代わりにマヨネーズで炒めることで、コクとうま味がアップします。

  • 調理時間 10分
  • エネルギー 179kcal
  • 食塩相当量 0.7g
  • 野菜摂取量 70g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

エリンギ 2本 74g
ほうれん草 1/2束 120g
ラディッシュ 適量
ベーコン 2枚 40g
少々
キユーピー マヨネーズ 大さじ1・1/2

作り方

1エリンギは食べやすい大きさにさく。ほうれん草は塩を加えた熱湯でゆでて水にとり、
水気をしぼって長さ2cmに切る。ベーコンは横半分に切る。

2フライパンにマヨネーズ大さじ1を入れて火にかけ、エリンギを炒める。
火が通ったら、ベーコン、ほうれん草の順に加え、残りのマヨネーズを加えてさっと炒める。

3器に2を盛りつけ、薄い輪切りにしたラディッシュを散らす。

調理のポイント

エリンギの代わりに、ぶなしめじでもおいしく召しあがれます。

栄養成分(1人分)

エネルギー 179kcal
たんぱく質 5.3g
脂質 16.6g
炭水化物 4.6g
食塩相当量 0.7g
野菜摂取量 70g

このレシピに使われている商品

エリンギを活用しよう

その他野菜料理のレシピ

キユーピー マヨネーズを使ったレシピ


素材について エリンギの基本情報

秋|旬は10〜12月

エリンギの話

近年食卓で見かける機会が増えてきたエリンギ。中央アジアの草原地帯が原産地といわれています。日本では自生しておらず、1990年代に愛知県で栽培方法が確立されて以降、急速に日本中に広がりました。弾力があってコリコリした食感が特徴のきのこ。クセがなく食べやすいので、炒め物や揚げ物、スープ、煮物、パスタ、和え物など幅広い料理に使われます。


エリンギの栄養の話

ビタミンB群とビタミンD、葉酸、カリウム、食物繊維を多く含みます。またナイアシンも多く含んでいるのが特長的です。

このレシピが関連するカテゴリー