豆と雑穀のベジヌードルスープ ミネストローネ風

写真:豆と雑穀のベジヌードルスープ ミネストローネ風

ベジヌードルスープとは、ズッキーニなどの野菜を麺のように切った、野菜の形と食感をたのしんでいただけるスープです。 豆と雑穀を合わせた食べごたえのある一品です。

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 119kcal
  • 食塩相当量 2.4g
  • 野菜摂取量 124g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

作り方

1ズッキーニはヘタ部分を切り落とす。
じゃがいもは皮をむく。
玉ねぎは、2mmの薄切りにする。
ズッキーニとじゃがいもは、ベジヌードルカッターで麺状に切り、15cmの長さに切る。

2鍋に1、10種ミックス、水を入れて火にかけ、アクを取りながら弱火で煮る。

3野菜に火が通ったら、ミネストローネの素を加えて弱火で約3分煮込み、みそを溶く。

調理のポイント

水の量はお好みで調節してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 119kcal
たんぱく質 5.4g
脂質 1.2g
炭水化物 22.8g
食塩相当量 2.4g
野菜摂取量 124g

ズッキーニを活用しよう

汁物・スープ・シチューのレシピ

キユーピー3分クッキング 野菜をたべよう! ミネストローネの素を使ったレシピ


素材について ズッキーニの基本情報

夏|旬は6〜8月

ズッキーニの話

緑で細長い形からキュウリの仲間だと誤解されがちですが、実はかぼちゃの一種。果肉はなすに似た肉質で、ほのかな甘みと苦みが特徴です。日本では新顔ですが、フランスやイタリアなどでは一般的な食材として用いられ、南フランスの「ラタトゥイユ」は代表的な料理です。他にも炒めたり、フライにしたりするなど、淡白な味わいはさまざまな料理に使われています。

このレシピが関連するカテゴリー