かぼちゃと豚肉の焼きサラダ

写真:かぼちゃと豚肉の焼きサラダ

こんがり焼いた豚ロース肉とほくほくのかぼちゃに、たまねぎの甘みと黒酢の香りをいかしたドレッシングがよく合います。ごはんがすすむ一品です。

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 366kcal
  • 食塩相当量 0.8g
  • 野菜摂取量 122g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

かぼちゃ 1/8個 180g
まいたけ 1パック 100g
プチトマト 6個 54g
長ねぎ 適量
豚ロース肉 1枚(トンカツ用)
少々
こしょう 少々
サラダ油 適量
キユーピー テイスティドレッシング 黒酢たまねぎ 大さじ2

作り方

1かぼちゃはワタと種を取り、5mm幅に切る。
まいたけは小房にわける。

2油をひいて熱したフライパンで1とプチトマトを焼いて取り出す。

32と同じフライパンで塩・こしょうをした豚ロース肉を焼く。
粗熱が取れたら2cm幅に切る。

4長ねぎは白髪ねぎにし、水にさらして水気をきる。

5器に2と3を盛りつけ、4をのせ、ドレッシングをかける。

栄養成分(1人分)

エネルギー 366kcal
たんぱく質 17.8g
脂質 21.1g
炭水化物 26.5g
食塩相当量 0.8g
野菜摂取量 122g

かぼちゃを活用しよう

かぼちゃサラダのレシピ

キユーピー テイスティドレッシング 黒酢たまねぎを使ったレシピ


素材について かぼちゃの基本情報

夏|旬は5〜8月

かぼちゃの話

かぼちゃの名の由来は、ポルトガル人が寄港地のカンボジアからもたらしたことにちなむといわれています。かぼちゃは、大きく分けて「日本かぼちゃ」「西洋かぼちゃ」「ペポかぼちゃ」の3種類があります。一番最初に日本に伝来したのは「日本かぼちゃ」。味は淡泊ですが、粘りがあり、煮くずれしにくいので、煮物や蒸しものに向いています。現在では糖質の多い「西洋かぼちゃ」が日本のかぼちゃの大半を占めています。

このレシピが関連するカテゴリー