サーモンのピカタ

写真:サーモンのピカタ

卵をからめて焼くピカタをサーモンで作りました。バジルの香り豊かでジューシーな一品が作れます。 冷めてもおいしいのでおべんとうにもおすすめです。     

  • 調理時間 10分
    (漬け込む時間は除く)
  • エネルギー 300kcal
  • 食塩相当量 1.4g
  • 野菜摂取量 30g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

サーモン 1切れ 100g
ブロッコリー 4房 60g
1個(M) 51g
粉チーズ 大さじ1
小麦粉 大さじ1
少々
サラダ油 適量
キユーピー Italiante バジルソース 大さじ2

作り方

1ブロッコリーは小房に分け、塩を加えた熱湯でゆでて水気をきる。

2サーモンはひと口大のそぎ切りにし、小麦粉をまぶす。

3ボウルに卵を溶き、粉チーズとバジルソース大さじ1を入れて混ぜる。

4フランパンに油をひいて熱し、2を3の衣をたっぷりつけて入れ、衣が残ったら、上からかけ
て両面焼く。

5器に4を盛りつけ、残りのバジルソースをかけ、1を添える。

調理のポイント

バジルソースの量は、お好みで調節してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 300kcal
たんぱく質 16.3g
脂質 22.6g
炭水化物 5.7g
食塩相当量 1.4g
野菜摂取量 30g

鮭を活用しよう

その他魚介料理のレシピ

キユーピー Italiante バジルソースを使ったレシピ


素材について 鮭の基本情報

旬は秋

鮭は産卵期に入ると生まれた川へ帰り、卵を産んで一生を終えます。

産卵するために、海から生まれた川へと戻りはじめる直前の9~11月のものが脂のりが素晴らしく美味しいとされています。

また、春から夏にかけて北海道沿岸で穫れる若い鮭は産卵の疲労がなく、脂がのっているため『ときしらず』と 呼ばれ重宝されています。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す