七夕サラダ寿司

親子でつくる七夕のサラダ寿司です。 ちぎる、裂く、型抜き、盛りつけたりと子供も参加できる仕掛けがたくさんあります。

  • 調理時間 20分
  • エネルギー 577kcal
  • 食塩相当量 3.1g
  • 野菜摂取量 87g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

ご飯 320g
黄パプリカ 1/2個 80g
きゅうり 1/2本 49g
プチトマト 3個(小) 27g
オクラ 2本 18g
まぐろ 40g
サーモン(刺身用) 40g
スライスチーズ 2枚 36g
かに風味かまぼこ 1本 11g
のり 1枚 3g
すし酢 大さじ2
少々
キユーピー テイスティドレッシング 黒酢たまねぎ 適量
サラダクラブ 10種ミックス(豆と穀物) 1袋 40g
サラダクラブ うずら卵水煮(国産) 2個 18g
玉九 錦糸たまご 1/2袋 20g

作り方

1オクラは塩をまぶして板ずりし、熱湯でゆでて水にとり、水気をきって輪切りにする。

2きゅうりは斜め薄切りにして、せん切りにする。
プチトマトは4等分のくし形切りにする。
まぐろとサーモンは1.5cmの角切りにする。

3黄パプリカとスライスチーズは星形で型抜きし、残りは細かく切る。

4織姫と彦星はうずら卵にのりで髪、目、口を作り、かに風味かまぼこで織姫の頬をつけ、
それぞれピックで刺す。
流れ星は、裂いたかに風味かまぼこに、3の星形で型抜きした黄パプリカをのせる。

5あたたかいご飯にすし酢、10種ミックス、3で細かく切ったパプリカとチーズを加えて、
切るように混ぜ合わせる。

6器に5をのせ、残りののりをちぎって散らし、中央に錦糸たまごを天の川に見立てて盛りつけ、
1〜4をのせてドレッシングをかける。

調理のポイント

玉九錦糸たまごはそのままでもおいしく召しあがれますが、さっとお湯をかけるとよりやわらかく、一層おいしく召しあがれます。

栄養成分(1人分)

エネルギー 577kcal
たんぱく質 24.6g
脂質 14.3g
炭水化物 85.1g
食塩相当量 3.1g
野菜摂取量 87g

米を活用しよう

サラダ寿司・サラダごはんのレシピ

キユーピー テイスティドレッシング 黒酢たまねぎを使ったレシピ


素材について きゅうりの基本情報

夏|旬は5〜9月

きゅうりの話

きゅうりは黄色い瓜、「黄瓜」が語源との説が有力、昔日本では黄色く熟したものを食用にしていたようです。きゅうりは大別すると白いぼきゅうりと黒いぼきゅうりがあり、日本で栽培されているものの多くは白いぼきゅうりです。またブルーム(表皮につく細かい白い粉)のあるタイプとないタイプがあり、見栄えのよいブルームレスのきゅうりが主流ですが、最近では歯切れが良く、種子の粒が小さいブルームのあるタイプが、生食の他漬物にも向き、その食味の良さから見直されてきています。


きゅうりの栄養の話

きゅうりは95%以上が水分で、栄養価よりも歯切れのよさやみずみずしさを味わう野菜といわれます。栄養素としてはカリウムやビタミンAを豊富に含みます。その他、ビタミンC、Kなどのビタミン類や亜鉛、マグネシウムなどのミネラル類も、少量ながらバランスよく含んでいます。

このレシピが関連するカテゴリー