キャベツとパプリカの焼きデリサラダ

メール
送信
写真:キャベツとパプリカの焼きデリサラダ

しっかり焦がして皮をむいた甘みの強いパプリカを、アンチョビやオリーブの塩気と合わせてバランスよく仕上げました。

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 169kcal
  • 食塩相当量 1.7g
  • 野菜摂取量 130g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

お気に入り登録が
できるようになりました

材料(2人分)

黄パプリカ 1個 160g
キャベツ 100g
アンチョビーフィレー 3切れ 9g
サラダ油 適量
キユーピー ハーフ 大さじ3
サラダクラブ ブラックオリーブ(スライス) 1袋 25g

作り方

1黄パプリカは魚焼きグリルで、表面が黒く焦げるまで焼く。ラップをかけ、粗熱をとって皮をむき、ひと口大に切る。

2フライパンに油をひいて熱し、食べやすい大きさに切ったキャベツを、焼き色がつくまで加熱する。

3ボウルに①、②、細かく刻んだアンチョビーフィレー、ブラックオリーブを入れ、キユーピーハーフで和える。

栄養成分(1人分)

エネルギー 169kcal
たんぱく質 3.2g
脂質 13.9g
炭水化物 8.9g
食塩相当量 1.7g
野菜摂取量 130g

パプリカを活用しよう

グリーンサラダ・ミックスサラダのレシピ

キユーピー ハーフを使ったレシピ


素材について キャベツの基本情報

春|旬は3〜5月

キャベツの話

煮物、炒め物、蒸し物、生食など、いろいろな食べ方が楽しめるキャベツ。形は全く異なりますが、実はブロッコリーやカリフラワーなどと同じ、アブラナ科の野菜です。通年出回っていますが、春に出回るものは「新キャベツ」「春キャベツ」といわれ、人気。冬のキャベツに比べて結球がふんわりとして、巻きがゆるく、内部まで薄い緑色なのが特徴です。また、葉がやわらかくて甘みがあり、みずみずしいので、サラダなど生食に向いています。春から初夏にかけての時期にしか出回らないので、キャベツたっぷりサラダで自然な甘みを存分に楽しみましょう。


このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す