かぼちゃとリンゴのスコーン

メール
送信
写真:かぼちゃとリンゴのスコーン

ハロウィンにぴったりのかぼちゃのスコーンです。 チーズの塩気とジャムの甘さがよく合います。 ジャムはつけて食べるのもおすすめです。

  • 調理時間 15分
    (焼く時間は除く)
  • エネルギー 350kcal
  • 食塩相当量 0.9g
  • 野菜摂取量 38g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

お気に入り登録が
できるようになりました

材料(8個分)

かぼちゃ 300g
プロセスチーズ 8個 80g
ホットケーキミックス 150g
サラダ油 大さじ1・1/2
アヲハタ 55 リンゴ 適量

作り方

1【下準備】
オーブンは180度に予熱しておく。

2かぼちゃはワタと種を取り、ひと口大に切る。耐熱容器にのせ、ふんわりとラップをかけ、
レンジ(600W)で約4分加熱し、皮をむいて熱いうちにフォークなどでつぶす。
かぼちゃの皮は取っておく。

3②にサラダ油、ホットケーキミックスを入れて混ぜ合わせ、8等分にして丸める。

4プロセスチーズとジャムは丸めた③をのばして包み、菜箸でジャック・オー・ランタンに見えるように線を入れ、②で取っておいた皮でヘタを作る。

5④をオーブンシートを敷いた天板に並べ、予熱しておいたオーブンで約20分焼く。

調理のポイント

レンジとオーブンの加熱時間は、様子をみて調節してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 350kcal
たんぱく質 8.9g
脂質 11.8g
炭水化物 51.6g
食塩相当量 0.9g
野菜摂取量 38g

このレシピに使われている商品

かぼちゃを活用しよう

洋焼き菓子のレシピ

アヲハタ 55 リンゴを使ったレシピ


素材について かぼちゃの基本情報

夏|旬は5〜8月

かぼちゃの話

かぼちゃの名の由来は、ポルトガル人が寄港地のカンボジアからもたらしたことにちなむといわれています。かぼちゃは、大きく分けて「日本かぼちゃ」「西洋かぼちゃ」「ペポかぼちゃ」の3種類があります。一番最初に日本に伝来したのは「日本かぼちゃ」。味は淡泊ですが、粘りがあり、煮くずれしにくいので、煮物や蒸しものに向いています。現在では糖質の多い「西洋かぼちゃ」が日本のかぼちゃの大半を占めています。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す