きくらげとアスパラガスの台湾風マヨソース和え

写真:きくらげとアスパラガスの台湾風マヨソース和え

  • 調理時間 5分
    (きくらげのもどし時間は除く)
  • エネルギー 103kcal
  • 食塩相当量 1.7g
  • 野菜摂取量 32g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

グリーンアスパラガス 4本 64g
きくらげ 10g(乾燥)
A ごま油 小さじ1
A ラー油 少々
A 砂糖 小さじ1/2
A 小さじ1/2
A しょうゆ 大さじ1
A キユーピー ハーフ 大さじ2

作り方

1きくらげは水でもどし、食べやすい大きさに切る。

2グリーンアスパラガスはピーラーで下半分の皮をむいて1cm幅の斜め切りにし、
1と一緒に熱湯で約1分ゆでて、水にとって水気をきる。

3Aで和えて器に盛りつける。

調理のポイント

ラー油の辛味とごま油の香ばしさをきかせたマヨソースと、ぷりぷりしたきくらげの
食感がたのしい一品です。
調味料の量は、お好みで調節してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 103kcal
たんぱく質 2.3g
脂質 8.4g
炭水化物 6.8g
食塩相当量 1.7g
野菜摂取量 32g

このレシピに使われている商品

グリーンアスパラガスを活用しよう

和え物・お浸しのレシピ

キユーピー ハーフを使ったレシピ


素材について アスパラガスの基本情報

春|旬は3〜6月

アスパラガスの話

アスパラガスは多年性の植物で、発芽直後の若い芽の部分を食用としています。比較的新しい野菜の印象を受けますが、日本に入ってきたのは実は江戸時代。野菜ではなく観賞用として栽培されていました。その後明治時代から食用として栽培されるようになり、昭和に入ってから食卓でもおなじみになりました。アスパラガスにはグリーンアスパラガスのほか、缶詰めなどでおなじみのホワイトアスパラガスがありますが、これは全く同じ品種です。ホワイトアスパラガスは発芽後すぐに盛り土をして、日光に当てずに地中で育てます。栄養価はグリーンアスパラガスにかないませんが、クリーミーな舌触りと独特の香りが楽しめます。


アスパラガスの栄養の話

グリーンアスパラガスの栄養成分として見逃せないのがアスパラギン酸。他にも、β-カロテン、ビタミンA、B1、B2、C、Eなども多く含みます。一方、ホワイトアスパラガスは日光に当たらないため、栄養価は低く、ビタミンCが少し含まれている程度となっています。

このレシピが関連するカテゴリー