いかとキャベツのサラダ

写真:いかとキャベツのサラダ

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 264kcal
  • 食塩相当量 1.6g
  • 野菜摂取量 136g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

いか 小2杯 360g
キャベツ 3枚 180g
にんじん 1/2本 90g
パセリ 適量
すだち 2個 10g
少々
キユーピー ハーフ 大さじ3

作り方

1いかは皮をむいて、熱湯で約30秒ゆで、水気をきり、胴は縦半分の5mm幅に切る。
足は1本ずつ食べやすい大きさに切る。

2キャベツと皮をむいたにんじんはせん切りにして塩とすだち半量をふり、
全体にからめて水気をきる。

31と2を混ぜ合わせ、粗みじん切りにしたパセリとキユーピーハーフで和える。

4器に3を盛りつけ、残りのすだちを添える。

調理のポイント

するめいかの代わりにひいかでもおいしく召しあがれます。
にんじんの代わりに、赤パプリカや黄パプリカで彩りを加えておたのしみください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 264kcal
たんぱく質 34.5g
脂質 9.4g
炭水化物 10.1g
食塩相当量 1.6g
野菜摂取量 136g

このレシピに使われている商品

いかを活用しよう

魚介のサラダのレシピ

キユーピー ハーフを使ったレシピ


素材について キャベツの基本情報

春|旬は3〜5月

キャベツの話

煮物、炒め物、蒸し物、生食など、いろいろな食べ方が楽しめるキャベツ。形は全く異なりますが、実はブロッコリーやカリフラワーなどと同じ、アブラナ科の野菜です。通年出回っていますが、春に出回るものは「新キャベツ」「春キャベツ」といわれ、人気。冬のキャベツに比べて結球がふんわりとして、巻きがゆるく、内部まで薄い緑色なのが特徴です。また、葉がやわらかくて甘みがあり、みずみずしいので、サラダなど生食に向いています。春から初夏にかけての時期にしか出回らないので、キャベツたっぷりサラダで自然な甘みを存分に楽しみましょう。


キャベツの栄養の話

キャベツは、ビタミンCや食物繊維が豊富なほか、キャベツ特有のビタミンU(別名キャベジン)も多く含んでいます。熱に弱いので、生食で食べやすい春キャベツでこそ効果的にとることができます。また、ビタミンCやカルシウムは外側の葉と芯の近くの葉に多いので、芯まで残さず使い切りましょう。

このレシピが関連するカテゴリー