チンゲン菜とハムのコーンクリーム煮

写真:チンゲン菜とハムのコーンクリーム煮

チンゲン菜とハムに、とろみをつけたコーンクリームのやさしい甘さがよく合います。

  • 調理時間 20分
  • エネルギー 146kcal
  • 食塩相当量 1.2g
  • 野菜摂取量 43g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(4人分)

チンゲン菜 2株 170g
ハム 8枚 120g
牛乳 150ml
片栗粉 適量
少々
こしょう 少々
サラダ油 適量
サラダクラブ 北海道コーン(クリーム) 1袋(150g)
サラダクラブ マッシュルーム(ホール) 1袋 50g

作り方

1チンゲン菜は茎と葉に切り分けざく切りにする。ハムは6等分に切る。

2フライパンに油をひいて熱し、チンゲン菜の茎の部分から炒め、次に葉、
ハムの順で炒める。

3②にコーンクリーム、牛乳を少しずつ入れ、マッシュルームを入れてひと煮立ち
させる。

4塩・こしょうで味をととのえ、水(分量外)で溶いた片栗粉を加えて
とろみをつける。

調理のポイント

水溶き片栗粉の割合は、片栗粉1に対して水1です。

栄養成分(1人分)

エネルギー 146kcal
たんぱく質 7.8g
脂質 7.1g
炭水化物 13.5g
食塩相当量 1.2g
野菜摂取量 43g

チンゲン菜を活用しよう

その他野菜料理のレシピ

サラダクラブ 北海道コーン(クリーム)を使ったレシピ


素材について チンゲン菜の基本情報

秋|旬は9〜11月

チンゲン菜の話

チンゲン菜といえば、中華料理の代表的な野菜。日本に入ってきたのは日中国交回復以降で、中国野菜ブームに乗って広く普及しました。その後、栽培期間が短く料理に利用しやすいことから、需要が年々増加。当初は輸入中心でしたが現在ではほとんどが国産です。もともとは茎のしっかりした大ぶりのものが主流でしたが、最近では茎がやわらかいミニチンゲン菜も登場。 家庭の火力で炒め物をするのには最適と人気を集めています。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す