たまごでホットタルティーヌ

写真:たまごでホットタルティーヌ

たまごサラダがたっぷりのった、ボリュームのある一皿です。 お酒のおつまみにもおすすめです。

  • 調理時間 10分
  • エネルギー 306kcal
  • 食塩相当量 2g
  • 野菜摂取量 27g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

フランスパン 9cm 68g
ほうれん草 1株 27g
ベーコン 1/2枚 10g
プチトマト 3個 27g
ピザ用チーズ 適量
少々
黒こしょう 少々
キユーピーのたまご つぶしてつくろう たまごサラダ 1袋 138g
サラダクラブ ブラックオリーブ(スライス) 6枚 6g

作り方

1フランスパンは厚さ1.5cmの輪切りにする。

2たまごサラダは袋のまま、ゆで卵をよく手でつぶす。

3ほうれん草は塩を加えた熱湯でゆでて、食べやすい長さに切る。
ベーコンは短冊切りにする。

4プチトマトは3等分の輪切りにする。

51に2をのせ、3枚は3をのせて黒こしょうをふり、
残りの3枚は4とブラックオリーブをのせる。

65にピザ用チーズを散らし、オーブントースターで焼く。

調理のポイント

たまごサラダは食べる直前にゆで卵をつぶすことによって、作りたてが味わえます。
ゆで卵のつぶし具合はお好みで調節してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 306kcal
たんぱく質 12.8g
脂質 18.5g
炭水化物 22.3g
食塩相当量 2g
野菜摂取量 27g

フランスパンを活用しよう

お通し・おつまみ・オードブルのレシピ

キユーピーのたまご つぶしてつくろう たまごサラダを使ったレシピ


素材について ほうれん草の基本情報

冬|旬は11〜2月

ほうれん草の話

品種改良や栽培法により、今では一年中出回るほうれん草ですが、もともとの旬は冬。 寒さに強いほうれん草は、冬霜にあたることで甘みもおいしさもアップします。さらに、栄養価もパワーアップするので、冬場に出回る露地物をチェックするのがおすすめです。アクが強いので、加熱してから食べるのが一般的でしたが、最近では生で食べられるように改良された、サラダほうれん草も登場。やわらかく、くせがないので、よりいっそう、食卓に身近な存在となりました。

このレシピが関連するカテゴリー