梅香る海鮮寿司

写真:梅香る海鮮寿司

ごはんに梅のさわやかな酸味のノンオイルを加えて混ぜるだけで、かんたんに酢飯が作れます。見た目もかわいらしい一品です。おもてなしにもおすすめします。

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 439kcal
  • 食塩相当量 2.1g
  • 野菜摂取量 9g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

ご飯 300g
白身魚(刺身用) 3切れ(刺身) 30g
サーモン 2切れ(刺身) 20g
オクラ 2本 18g
のり 1枚 3g
少々
キユーピー ノンオイル梅づくし 大さじ4
キユーピー マヨネーズ 大さじ2
玉九 錦糸たまご 1/3袋 10g

作り方

1ボウルに温かいご飯を入れ、ノンオイルを加え、
切るように混ぜ合わせて冷ます。

2オクラは塩をまぶして板ずりし、熱湯でゆでて水にとり、水気をきって輪切りにする。

3白身魚とサーモンは、1/3量は棒状に切り、残りは1cmの角切りにする。

4巻きすにのりを敷き、奥側2cmをあけて①をのせ広げる。
手前から巻き、8等分の輪切りにする。

5器に④を盛りつけ、マヨネーズをぬり、湯通しして水気をきった錦糸たまご、
③を順にのせ、②を散らす。

調理のポイント

玉九 錦糸たまごはそのままでもおいしく召しあがれますが、さっとお湯をかけるとよりやわらかく、一層おいしく召しあがれます。

栄養成分(1人分)

エネルギー 439kcal
たんぱく質 11.1g
脂質 16g
炭水化物 60g
食塩相当量 2.1g
野菜摂取量 9g

米を活用しよう

巻き寿司のレシピ

キユーピー ノンオイル梅づくしを使ったレシピ


素材について 鮭の基本情報

旬は秋

鮭は産卵期に入ると生まれた川へ帰り、卵を産んで一生を終えます。

産卵するために、海から生まれた川へと戻りはじめる直前の9~11月のものが脂のりが素晴らしく美味しいとされています。

また、春から夏にかけて北海道沿岸で穫れる若い鮭は産卵の疲労がなく、脂がのっているため『ときしらず』と 呼ばれ重宝されています。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す