白身魚のソテー アンチョビーパプリカソース

メール
送信
写真:白身魚のソテー アンチョビーパプリカソース

写真は1人分です

アンチョビーソースの塩味とうまみがパプリカとよく合います。淡泊な白身魚のアクセントになるソースです。

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 302kcal
  • 食塩相当量 0.7g
  • 野菜摂取量 41g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

お気に入り登録が
できるようになりました

材料(2人分)

2切れ 190g
赤パプリカ 1/2個 80g
パセリ 小さじ1
少々
こしょう 少々
150ml
オリーブ油 大さじ2
キユーピー アンチョビーソース 小さじ1

作り方

1赤パプリカは1cmの角切りにする。

2フライパンにオリーブ油大さじ1をひいて熱し、塩・こしょうをした鯛を入れて両面こんがり焼き、取り出す。

3②と同じフライパンに残りのオリーブ油をひいて熱し、①を炒める。

4③に水とアンチョビーソースを入れて、とろっとするまで煮詰める。

5器に④を敷き、②をのせてみじん切りにしたパセリを散らす。

調理のポイント

赤パプリカを少しつぶしながら煮詰めると、ソースの風味が増します。

栄養成分(1人分)

エネルギー 302kcal
たんぱく質 20.5g
脂質 22.1g
炭水化物 3.1g
食塩相当量 0.7g
野菜摂取量 41g

このレシピに使われている商品

鯛を活用しよう

その他魚介料理のレシピ

キユーピー アンチョビーソースを使ったレシピ


素材について 鯛の基本情報

旬は冬から春先

一般的に鯛というと真鯛を指します。真鯛の旬は冬~春先と言われ、特に産卵期直前の3~5月には「桜鯛」と呼ばれ重宝されます。

身体全体がに桜色を帯び、味わいも格別で栄養価も高くなります。

しかし産卵を終えた鯛は「麦わら鯛」といって、色が黒っぽくなり締まりのない身になってしまうため、味が落ちてしまいます。

このレシピが関連するカテゴリー