<野菜保存のテクニック>
吊るす

吊るす1 吊るす2
玉ねぎやにんにくのように野菜によっては、収穫後乾燥させてから出荷されているものがあります。これらの種類の野菜はいずれも湿気が苦手ですので「保存=乾燥を保つ」という考え方をするとよいでしょう。 かごや網の袋、あるいはストッキングなどに入れて直射日光のあたらない風通しのよい場所に吊るし、通気性を保ちながら保存することをおすすめします。

●吊るして保存する野菜【 夏野菜 】にんにく
【 秋野菜 】玉ねぎ

関連コンテンツ


他のコンテンツを見る

▲ TOP