高原野菜レシピ特集

「高原野菜」とは、標高1,000m~1,500mの高原地帯で生産される野菜の総称です。特に長野県では、高原の冷涼な気候風土を生かして色々な高原野菜が栽培されています。澄んだ空気と清らかな水で育ったみずみずしい高原野菜のレシピをご紹介します。

レタス

気候にデリケートなレタスは、高原の冷涼な気候あってこその甘みとシャキッとした爽やかさが味わえます。サニーレタスは、赤紫色と緑色のコントラストが鮮やかで、弾力がありやわらかく、パリッとしてみずみずしいものがおすすめです。

まるごと買ったレタスを使い切るには
「加熱」調理がおすすめ!

詳しいレシピはこちら >

白菜

冷涼な高原の特性を活かした長野の白菜はしっとり肉厚で、霜が降りる秋には一段と柔らかさと甘みが増します。生のシャキシャキとした食感もお楽しみください。

セロリ

セロリは涼しい気候と水分を好みます。長野の最適な環境で育った、みずみずしくシャキッとしたおいしさをお楽しみください。

ズッキーニ

炒め物や煮込み料理など加熱して食べるイメージのズッキーニですが、クセがなく生でも楽しむことができます。

キャベツ

長野のキャベツは葉がしっかりと巻かれ、たっぷりと甘味が詰まっているのが特徴です。

ブロッコリー

長野のブロッコリーは、昼夜の寒暖差による強い甘みが特長です。味にくせがなくどんな調理法にもよく合います。


2月の特集