キユーピーのとっておきレシピの中から、筋力トレーニングする方におすすめの1食あたりたんぱく質20g以上のメニューを選びました。肉や魚、野菜等様々な食品を使い、体づくりをサポートするメニューを揃えています。

  • 運動前後のたんぱく質の摂り方も意識して

    ~レシピの選定にご協力いただいた食糧学院 馬渕先生より~

    体の筋肉は、運動することで刺激を受けます。そのため運動するタイミングにあわせて上手にたんぱく質を摂取することが大切です。
    例えば、運動前はたまごや魚など、食べやすく、取り入れやすい食材でたんぱく質を補給。運動した後は鶏肉や豚肉、野菜をつかったレシピでたんぱく質の他、ビタミン類、ミネラル類もあわせてしっかり摂るなど、運動前後の食事の摂り方も意識してみましょう。
    体づくりのためにはたんぱく質はもちろん、糖質摂取も大切です。運動量に合わせて穀類も積極的に取り入れることもおすすめします。

  • 学校法人 食糧学院 副学院長・医師:馬渕知子先生


馬渕知子先生

学校法人 食糧学院 副学院長・医師

東京医科大学医学部医学科卒業後、同医科大学病院皮膚科学講座に所属しながら同病院に勤務。
その後、マブチメディカルクリニックを開設、現在に至る(院長)。
平成23年には学校法人食糧学院理事及び東京栄養食糧専門学校の講師に就任、平成29年から同学院の副学院長も務める。
内科学・皮膚科学が専門であるが、あらゆる科と提携を結び、多面的に人間の体を総合的にサポートする医療を推進している。


7月の特集