季節の野菜のバーニャカウダ風

メール
送信
写真:季節の野菜のバーニャカウダ風

アンチョビーソースと牛乳で作るバーニャカウダ風です。  アンチョビーのうま味がきいた、素材のおいしさをたのしめる一品です。  

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 176kcal
  • 食塩相当量 2.2g
  • 野菜摂取量 57g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

お気に入り登録が
できるようになりました

材料(2人分)

じゃがいも 1個 110g
ブロッコリー 1/2株 63g
にんじん 1/4本 45g
フランスパン 1/4本 65g
A 牛乳 50ml
A おろしにんにく 小さじ1/2
少々
A キユーピー アンチョビーソース 大さじ1

作り方

1じゃがいもは皮をむいてひと口大に切り、水にさらす。
ブロッコリーは小房に分ける。にんじんは皮をむき、
1cm角の拍子木切りにする。

2フランスパンはひと口大に切る。

3塩を加えた熱湯で、じゃがいも、にんじんをゆでる。
ゆであがる2分前にブロッコリーを加え、一緒にゆでる。

4耐熱容器にAを入れて混ぜ、ラップをかけてレンジ(600W)で約50秒加熱する。

5器に②と③を盛りつけ、④を添える。

調理のポイント

ソースにオリーブ油を加えてもおいしく召しあがれます。
ソースを作る際は大きめの器を使用し、2分以上加熱することは避けてください。
お好みの野菜でおたのしみください。
にんにくの量はお好みで調節してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 176kcal
たんぱく質 7.1g
脂質 1.9g
炭水化物 33.8g
食塩相当量 2.2g
野菜摂取量 57g

このレシピに使われている商品

じゃがいもを活用しよう

お通し・おつまみ・オードブルのレシピ

キユーピー アンチョビーソースを使ったレシピ


素材について じゃがいもの基本情報

秋|旬は5〜6月,10〜2月

じゃがいもの話

日本で流通しているじゃがいもといえば、男爵いもとメークインが代表的、それぞれの性質はずいぶん違うので、料理に合わせて使い分けるのがおすすめです。まず、男爵は、丸くゴツゴツした形をしており、粉質で加熱するとホクホクした食感が楽しめるのが特徴で、コロッケやポテトサラダなど、マッシュして使う料理によく合います。一方、長い楕円形でつるんとしたメークインはきめの細かい粘質で、加熱するとしっとりした食感に。煮くずれしにくいので、ポトフなど、煮込み料理に向いています。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す