チンゲン菜とささみのサラダ

写真:チンゲン菜とささみのサラダ

生のチンゲン菜をキユーピーハーフで和えたおしゃれなサラダです。

  • 調理時間 15分
  • エネルギー 175kcal
  • 食塩相当量 0.9g
  • 野菜摂取量 61g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

チンゲン菜 1株 85g
プチトマト 4個 36g
鶏ささみ 2本 76g
アンチョビーフィレー 1切れ 3g
レモン汁 適量
オリーブ油 適量
少々
こしょう 少々
キユーピー ハーフ 大さじ2
サラダクラブ クルトン 1袋 16g

作り方

1チンゲン菜は食べやすい長さに切り、塩・こしょう、レモン汁をふる。
プチトマトは半分に切る。

2鶏ささみは筋を取って、塩・こしょうをしてオリーブ油をふり、熱したフライパンで焼き、
食べやすい大きさに切る。

3ボウルに1と2を合わせてキユーピーハーフで和える。

4器に3を盛りつけ、細切りにしたアンチョビーをのせ、クルトンを散らす。

調理のポイント

鶏ささみはオーブントースターでこんがり焼いていただいても、おいしく召しあがれます。

栄養成分(1人分)

エネルギー 175kcal
たんぱく質 11g
脂質 10.8g
炭水化物 8.1g
食塩相当量 0.9g
野菜摂取量 61g

このレシピに使われている商品

チンゲン菜を活用しよう

肉のサラダのレシピ

キユーピー ハーフを使ったレシピ


素材について チンゲン菜の基本情報

秋|旬は9〜11月

チンゲン菜の話

チンゲン菜といえば、中華料理の代表的な野菜。日本に入ってきたのは日中国交回復以降で、中国野菜ブームに乗って広く普及しました。その後、栽培期間が短く料理に利用しやすいことから、需要が年々増加。当初は輸入中心でしたが現在ではほとんどが国産です。もともとは茎のしっかりした大ぶりのものが主流でしたが、最近では茎がやわらかいミニチンゲン菜も登場。 家庭の火力で炒め物をするのには最適と人気を集めています。

このレシピが関連するカテゴリー