根菜といかの香煮仕立て

写真:根菜といかの香煮仕立て

  • 調理時間 20分
  • エネルギー 136kcal
  • 食塩相当量 3g
  • 野菜摂取量 51g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

ごぼう 1/4本 41g
にんじん 1/3本 60g
板こんにゃく(黒) 60g
いか 1/2杯 110g
木の芽 適量
しょうゆ 大さじ2
150ml
アヲハタ 55 イチゴ 大さじ2
キユーピー マヨネーズ 小さじ1

作り方

1板こんにゃくは熱湯でゆでて、ひと口大に切る。
ごぼうは皮をこそげ取ってひと口大に切り、水にさらして水気をきる。
にんじんは皮をむき、ひと口大に切る。いかは輪切りにする。

2鍋に板こんにゃくを入れてよく焼き、マヨネーズ、にんじん、ごぼうを入れて
炒める。水を入れ、ひと煮立ちさせてアクを取り、しょうゆ、ジャムを加え、
約5分煮込み、いかを加えて汁気がなくなるまで煮詰める。

3器に②を盛りつける。

調理のポイント

こんにゃくは熱湯でゆでるとアクとともに独特のにおいがとれます。

栄養成分(1人分)

エネルギー 136kcal
たんぱく質 12.3g
脂質 2.4g
炭水化物 16.7g
食塩相当量 3g
野菜摂取量 51g

ごぼうを活用しよう

その他魚介料理のレシピ

アヲハタ 55 イチゴを使ったレシピ


素材について ごぼうの基本情報

秋|旬は3〜5月,10〜12月

ごぼうの話

日本ではいろいろな料理においておなじみのごぼうですが、実はごぼうを食用としているのは日本や韓国など、ごく一部なのだそう。中国では食用ではなく、主に漢方薬として使われているようです。ごぼうはアクが強く、空気に触れると変色してしまうので、切ったらすぐに水にさらすのがポイント。ただし、長くさらすと風味や栄養を逃がすので注意しましょう。 水にさらすときに酢を少量加えると、白くきれいに仕上がります。

このレシピが関連するカテゴリー

次の検索ワードから探す