うどとさやえんどうの梅マヨ和え

写真:うどとさやえんどうの梅マヨ和え

  • 調理時間 10分
  • エネルギー 82kcal
  • 食塩相当量 1.7g
  • 野菜摂取量 44g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

うど 1/3本 65g
さやえんどう 10枚 23g
油揚げ 1/2枚 10g
梅干し 1個 8g
しょうゆ 小さじ1
少々
キユーピー ディフェ 30g

作り方

1うどは3cm幅に切り、皮つきのまま薄切りにして酢水に漬けて
しばらく置き、酢を入れた熱湯で約2分ゆで、水気をきる。

2油揚げは熱湯をかけて水気をきり、せん切りにする。
さやえんどうは筋を取り、さっとゆでて、水にとり水気をきる。

3種を取ってほぐした梅干しとしょうゆ、キユーピー ディフェを混ぜ合わせ、
1と2を和える。

43を器に盛りつける。

調理のポイント

うどの皮は食物繊維が豊富なので、皮ごと食べましょう。
酢を利用して、アクを抜き変色を防ぎます。
梅干しは塩分量によって味を見ながら調節してください。
うどの代わりにたけのこでもおいしく召しあがれます。

栄養成分(1人分)

エネルギー 82kcal
たんぱく質 2.4g
脂質 6.8g
炭水化物 3.5g
食塩相当量 1.7g
野菜摂取量 44g

このレシピに使われている商品

さやえんどうを活用しよう

和え物・お浸しのレシピ

キユーピー ディフェを使ったレシピ


素材について さやえんどうの基本情報

春|旬は4〜6月

さやえんどうの話

煮物の彩りに少し添えるだけで、鮮やかな緑色が料理を華やかにしてくれるさやえんどう。実はこれ、洋食でおなじみのグリンピースと同じ種類の植物だということをご存知でしたか? さやえんどう(きぬさや)は、中に豆ができるより早い段階で収穫し、さやごと食べるものをいいますが、より豆が生長したものがグリンピース。そして、さらに生長したものがえんどう豆となります。同じ植物ではあるものの、さやごと食べることで、より野菜に近い存在のさやえんどう。さやのシャキシャキとした歯ごたえが魅力です。

このレシピが関連するカテゴリー