トマトとキウイとまぐろのパワーサラダ

写真:トマトとキウイとまぐろのパワーサラダ

パワーサラダとは、野菜とタンパク質とフルーツが 一皿でとれる、いろいろな食材を組み合わせた サラダです。 さっとあぶったまぐろに、夏野菜、キウイ、雑穀を盛りつけました。 たまねぎの甘味と黒酢のコクが食材によく合います。   

  • 調理時間 10分
  • エネルギー 278kcal
  • 食塩相当量 1.3g
  • 野菜摂取量 152g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

ズッキーニ 1/2本 100g
トマト 1/2個 83g
ロメインレタス 4枚 80g
黄パプリカ 1/4個 40g
キウイフルーツ 1個 85g
まぐろ 150g
サラダ油 適量
キユーピー テイスティドレッシング 黒酢たまねぎ 適量
サラダクラブ 10種ミックス(豆と穀物) 1袋 40g

作り方

1ズッキーニは1cm幅の輪切りにする。

2ロメインレタスは冷水にさらして水気をきり、食べやすい大きさにちぎる。

3トマトは6等分のくし形切りにする。
黄パプリカはひと口大の乱切りにする。
キウイフルーツは皮をむき、8等分のくし形切りにする。

4フライパンに油をひいて熱し、まぐろをさくのまま入れ、両面をさっとあぶり、
1.5cmの角切りにする。
同じフライパンに①を入れ、両面が色づくまで焼く。

5器に②を敷き、③、④、10種ミックスを散らし、ドレッシングをかける。

栄養成分(1人分)

エネルギー 278kcal
たんぱく質 24g
脂質 9.9g
炭水化物 23.7g
食塩相当量 1.3g
野菜摂取量 152g

トマトを活用しよう

フルーツサラダのレシピ

キユーピー テイスティドレッシング 黒酢たまねぎを使ったレシピ


素材について トマトの基本情報

夏|旬は3〜4月,6〜8月

トマトの話

南米原産のトマトは、日本には江戸時代に観賞用として伝わったのがはじまり。食用として本格的に市場に出回ったのは昭和に入ってからだそうです。生食用の大玉トマトが一般的でしたが、中玉トマト、ミニトマトなども登場。小さめで甘みの強いフルーツトマトなど、さまざまな品種が生まれ、今では食卓に欠かせない野菜になっています。

このレシピが関連するカテゴリー