鯛とあさりのアクアパッツァ バジル風味

バジルの鮮やかな色と香りがが食欲をそそる、かんたんに作れるアクアパッツァです。 アンチョビソースのうま味と塩味が深い味わいになっています。

  • 調理時間 15分
    (塩抜きする時間は除く)
  • エネルギー 328kcal
  • 食塩相当量 2.3g
  • 野菜摂取量 28g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

2切れ 190g
あさり 10個 40g
プチトマト 4個 36g
スナップえんどう 4本 20g
白ワイン 大さじ2
オリーブ油 適量
100CC 100g
キユーピー Italiante バジルソース 大さじ2
サラダクラブ ブラックオリーブ(スライス) 1袋 25g
キユーピー アンチョビーソース 小さじ1/2

作り方

1あさりは塩抜きする。

2スナップえんどうは筋を取り、半分に切る。

3フライパンにオリーブ油を熱し、鯛の両面に焼き色をつける。

43に白ワイン、水、アンチョビ-ソース、1を加え、ふたをして、あさりの口が開くまで蒸し煮にする。

54に2、プチトマト、ブラックオリーブ、バジルソースを加え、再びふたをし、野菜に火が通るまで
煮る。

調理のポイント

水の量はお好みで調節してください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 328kcal
たんぱく質 22g
脂質 22.6g
炭水化物 4.3g
食塩相当量 2.3g
野菜摂取量 28g

鯛を活用しよう

その他魚介料理のレシピ


素材について 鯛の基本情報

旬は冬から春先

一般的に鯛というと真鯛を指します。真鯛の旬は冬~春先と言われ、特に産卵期直前の3~5月には「桜鯛」と呼ばれ重宝されます。

身体全体がに桜色を帯び、味わいも格別で栄養価も高くなります。

しかし産卵を終えた鯛は「麦わら鯛」といって、色が黒っぽくなり締まりのない身になってしまうため、味が落ちてしまいます。

このレシピが関連するカテゴリー