鮭とマッシュルームのシチュー

写真:鮭とマッシュルームのシチュー

鮭、マッシュルーム、コーンが入った、具だくさんのシチューです。お子さまにおすすめです。

  • 調理時間 40分
  • エネルギー 339kcal
  • 食塩相当量 2.3g
  • 野菜摂取量 108g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(4人分)

鮭(生) 3切れ 300g
じゃがいも 2個 220g
玉ねぎ 1個 190g
にんじん 1本 180g
ブロッコリー 1/2株 63g
ぶなしめじ 1/2パック 51g
牛乳 適量
シチュールウ 4人分
小麦粉 適量
少々
サラダ油 適量
適量
サラダクラブ マッシュルーム(ホール) 1袋 50g
サラダクラブ 北海道コーン ホール 1/2袋(50g)

作り方

1皮をむいたじゃがいもとにんじんはひと口大に切り、じゃがいもは水にさらす。
玉ねぎはくし形切りにする。ぶなしめじは石づきを取り、小房に分ける。

2ブロッコリーは小房に分け、塩を加えた熱湯でゆでてて水気をきる。

3鮭はひと口大に切って小麦粉をまぶし、油をひいて熱した鍋で両面をよく焼き、
いったん取り出しておく。 

43の鍋に油をたして熱し、1を炒め、水を入れてアクを取りながら具材がやわらかくなるまで煮込み、シチュールウを加えて溶かす。

54にぶなしめじ、マッシュルーム、3、牛乳を加えてさらに約5分煮込み、2とコーンを加えて
ひと煮立ちさせる。

調理のポイント

水と牛乳の量は、シチュールウの表示に従って入れてください。

栄養成分(1人分)

エネルギー 339kcal
たんぱく質 22.6g
脂質 12.3g
炭水化物 34.6g
食塩相当量 2.3g
野菜摂取量 108g

鮭を活用しよう

汁物・スープ・シチューのレシピ

サラダクラブ マッシュルーム(ホール)を使ったレシピ


素材について 鮭の基本情報

旬は秋

鮭は産卵期に入ると生まれた川へ帰り、卵を産んで一生を終えます。

産卵するために、海から生まれた川へと戻りはじめる直前の9~11月のものが脂のりが素晴らしく美味しいとされています。

また、春から夏にかけて北海道沿岸で穫れる若い鮭は産卵の疲労がなく、脂がのっているため『ときしらず』と 呼ばれ重宝されています。

このレシピが関連するカテゴリー