ゆで加減が決め手!マヨネーズたっぷり
たまごサラダの基本レシピ

たまごサラダ
  • 調理時間 20分
    (ゆで卵11分)
  • エネルギー 322kcal
  • 食塩相当量 1.1g
  • 野菜摂取量 5.0g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

材料(2人分)

3個 150g
キユーピーマヨネーズ 大さじ4 60g
サラダ菜 2枚 10g
少々
こしょう 少々

作り方

1お湯を沸騰させる

卵がしっかり浸かるくらいのお湯を鍋で沸騰させる。(内寸直径15cmの鍋の場合は、700ml、20cmの鍋の場合は1.2ℓが目安。)

2卵を鍋に入れる

冷蔵庫から取り出した直後の卵を、おたまなどを使って割れないようにそっと入れる。

ゆで卵をむきやすくするコツ

ゆでる前に、卵の尖っていない丸い部分に画びょうなどで穴をあけたり、やさしくヒビを入れておくと、卵がむきやすくなります。
冷蔵庫の卵は温度がいつも一定のため、季節によって温度が異なる常温と違い、毎回思った通りの固さに仕上げることができます。

3卵をゆで、殻をむく

固ゆでの手前で黄身のねっとり感が残っている程度まで中火で11分くらいゆでる。
(卵の大きさと好みにより加減。)
すぐ冷水にとり、殻をむく。

調理のポイント

冷水にとると、卵の中身が冷却されて収縮し、水が入り込み、むきやすくなります。
また、黄身の中心に残っている熱をとることで、好みの固さに仕上げます。

おいしさのポイント

固ゆでの手前のゆで卵を使うと、黄身のねっとり感と黄色の鮮やかさを活かすことができます。

4卵をつぶす

殻をむいた卵をボウルに入れ、フォーク等で4等分し、それぞれをさらに4等分するくらいの大きさに粗くつぶす。

おいしさのポイント

黄身と白身の両方の食感を活かすため、みじん切りにせず、16等分くらいに粗くつぶすことにより、二つの食感のコントラストを楽しむサラダを作ることができます。また、フォーク等でざっくりと切ることで卵の断面積が広がり、マヨネーズが全体になじみやすくなります。

5調味料で味つけする

マヨネーズと塩こしょうで和えます。

卵のゆで時間

ゆで時間による仕上がりを詳しくご紹介。
6分ゆでた半熟卵から、13分の固ゆで卵まで、ゆで時間とゆで具合の目安を写真で解説します。

このレシピに使われている商品


まとめて押さえておきたい!
サラダの基本レシピ

おすすめコンテンツ