やさしいおいしさ
春雨サラダの基本レシピ

  • 調理時間 20分
  • エネルギー 192kcal
  • 食塩相当量 1.2g
  • 野菜摂取量 49g

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

サラダの材料(2人分)

春雨(乾燥) 30g
ごま油 少々
ハム 2枚
きゅうり 1本
白いりごま 適量

ドレッシングの材料(2人分)

ごま油 小さじ2
サラダ油 小さじ2
しょうゆ 小さじ2
お酢 小さじ2
砂糖 小さじ2

作り方

1春雨をゆでる

鍋にたっぷりの水を入れ強火で加熱する。春雨を加え、袋の表示に従ってゆでる。
ざるでお湯を切り、水道の流水でよく洗い、ざるを振って水気をきる。
春雨をキッチンペーパーで押さえしっかりと水気をとり、ボウルに移し、ごま油少々で和える。

調理のポイント

鍋の大きさの目安は中サイズ(18~21cm)
春雨は、短く切られた状態で売られているものが多いですが、長い場合は10cmくらいの食べやすい長さに切ります。

おいしさのポイント

春雨はゆでた後、水で洗って、しっかりと水を切ります。こうすることで春雨の表面のぬめりが取れます。

春雨が水っぽいと味がぼやけるので、ペーパータオルで押さえるようにして、春雨の表面のぬめりと水気をふきましょう。

ゆでた春雨はくっつきやすいので、ごま油少々で和えることにより、春雨が油でコーティングされて、絡まりにくくなります。

さらにおいしく!

春雨はお好みのものを使ってください。緑豆春雨を使うとコシのある仕上がりになり、普通の春雨は、やわらかく調味料がなじみやすいという特徴があります。商品によってゆで時間が異なるので袋の表示に従ってください。

2きゅうりとハムを切る

きゅうりは細切りにする。ハムは半分に切った後、重ねて細切りにする。

調理のポイント

きゅうりは包丁で斜め薄切りにし、ずらして重ねて1列に並べてから切ると、きれいな細切りになります。

3ドレッシングをつくる

ボウルにドレッシングの材料を入れ、泡だて器でしっかり混ぜ合わせドレッシングをつくる。

調理のポイント

ドレッシングが白っぽくなるまで混ぜます。
菜ばしだと混ぜにくいため、泡立て器を使いましょう。泡立て器が無い場合は、瓶に入れてシャカシャカと振ってつくることもできます。

4ドレッシングで和える

3で作ったドレッシングに、2で切ったきゅうりとハムを加え、ドレッシングで和える。さらに1の春雨を加えて全体をドレッシングで和える。味がなじんだら器にもりつける。

調理のポイント

ドレッシングのボウルには、先にきゅうりとハムをいれて和えます。春雨を先に入れてしまうと、ドレッシングを吸ってしまうため、先に具材に味をからませておきます。

おいしさのポイント

ドレッシングをからめたら、しばらく置いて味をなじませると、春雨にタレがしみ込んで美味しくなります。

さらにおいしく!

せん切り人参を塩もみしたものや、錦糸卵、もどしたわかめ、サラダチキン、ゆでたもやし、ちくわ等を加えてもおいしいです。

このレシピにおすすめのドレッシング

まとめて押さえておきたい!
サラダの基本レシピ

おすすめコンテンツ