メールマガジン
検索
検索
メニュー

トップ > とっておきレシピ > サラダの基本レシピ > きゅうりシャキシャキ!マカロニサラダの基本レシピ

トップへ

検索を開く

きゅうりシャキシャキ!マカロニサラダの基本レシピ

  • エネルギー
    229kcal
  • 食塩相当量
    0.8g
  • 野菜摂取量
    70g
材料(2人分 分量
マカロニ 40g
玉ねぎ 1/4個(50g)
きゅうり 1/2本(50g)
にんじん 1/4本(45g)
ハム 2枚(30g)
キユーピー マヨネーズ 大さじ2
少々
こしょう 少々
  1. 1. マカロニは塩を加えた熱湯で袋の表示通りゆで、流水でしっかり冷やして水気をきっておく。
    おいしさのポイント
    すぐに冷水にさらし、軽く水をきって使うとマカロニの食感が良くなります。
    マカロニをゆでる時の塩は、水に対して1%の量が目安です。
    さらにおいしく!
    水気をきったら、オリーブ油やフレンチドレッシング等をかけておくとマカロニがくっつくのを防ぎ、風味も加わって、マヨネーズも馴染みやすく、おいしくなります。
    また、マカロニがマヨネーズの水分を吸収することを抑えられるのでしっとりとした状態を保てます。
  2. 2. 玉ねぎは縦に薄切り、にんじんはせん切りにし、耐熱皿にのせてラップをかけ、レンジ(500W)で約2分加熱する。玉ねぎは水気をしぼっておく。
    おいしさのポイント
    玉ねぎはレンジで加熱することで辛味が消えて甘味が出ます。また、繊維を断ち切る方向に切ると辛味が少なくなります。
    おいしさのポイント
    にんじんはマカロニと同じ長さに切ることで、見た目の統一感が出ます。
  3. 3. きゅうりは輪切りにする。
    おいしさのポイント
    きゅうりは塩もみはせずに生のままだと「しゃきしゃき」した食感になり、フレッシュ感が味わえます。厚さは、食感を楽しめる2〜3mmがおすすめ!
  4. 4. ハムは短冊切りにする。
    おいしさのポイント
    たんぱく質が入ることで、アミノ酸のうまみで味に厚みがでます。また、見た目が彩やかになります。
  5. 5. ボウルに玉ねぎ、にんじん、きゅうりを入れ、マヨネーズを加えてよく混ぜたら、マカロニ、ハムを加えてさらに混ぜます。
    おいしさのポイント
    マカロニが細い場合はマヨネーズの量を多めに調節してください。ゆで卵やツナ缶、ホタテ缶などを加えるとさらにおいしくなります。
  6. 6. 塩・こしょうで味をととのえる。
    おいしさのポイント
    マカロニや具材の大きさによって味の濃さは変わります。最後に塩・こしょうで味の調節をしてください。
    ※調理後、食べるまでに時間があく場合も、再度塩・こしょうで味をととのえてください。
このレシピで使われている商品

とっておきレシピトップ

ピックアップレシピ
  • お正月特集
  • 人気レシピランキング
  • 旬野菜レシピ 白菜編
  • いちごの日特集
  • 今週のおすすめレシピ
  • 商品徹底活用法 ドレッシング
  • がんばれ!受験生特集
  • キユーピーハーフレシピ セルフサンド
  • キユーピー マヨネーズキッチン
  • おかずサラダ 冬
  • あえサラダ 冬
  • 旬の魚介レシピ たらをたのしむレシピ
  • キユーピー ポテトサラダ教室
おすすめピックアップ
  • 行事イベントのレシピ一覧
  • 旬野菜レシピ
  • 商品徹底活用法一覧
  • キユーピーハーフレシピ一覧
  • お役立ちレシピ
  • サラダの基本レシピ
  • サラダレシピ
  • お肉を楽しむレシピ
  • 旬の魚介レシピ

最近見たレシピ

ページトップへ
サイト情報